スポーツ

古賀紗理那の高校時代も凄かった?姉や家族について詳しく

古賀紗理那 高校時代

スポーツの世界は世代交代がありますが、女子バレーも栗原恵選手や木村沙織選手の引退により新しい時代になろうとしています。

その新しい日本女子バレーボール界を引っ張る選手の1人が古賀紗理那選手ではないでしょうか。古賀紗理那選手は、高校時代からとても活躍していた選手です。

古賀紗理那選手とはどのような選手なのでしょうか。高校時代の成績や姉、家族についても紹介します。

古賀紗理那の高校はどこ?高校を選んだ理由は姉の影響?

古賀紗理那選手の高校はどこなのでしょうか。高校を選んだ理由は姉の影響もあるようですので高校を選んだ理由についても紹介します。

古賀紗理那選手の高校は熊本信愛女学院高校です。出身地は佐賀県神崎郡出身ですが、6歳で父の転勤のため熊本へ引越していますので、高校は地元の高校に進学したことになります。

古賀紗理那選手はなぜ熊本信愛女学院高校に進学したのでしょうか。古賀紗理那選手は中学で全中に出場し、優秀選手として選出されたほか、2011年の中学3年次には将来が期待される選手に対し送られるJOC・JVAカップに選ばれていますので、全国の強豪校からスカウトがあったようです。スカウトを受けた数は7校ですのでいかに注目されていたのかがわかります。

しかし、その中でも熊本信愛女学院高校を選んだ理由は、姉とバレーボールをしたかったからとのことです。古賀紗理那選手には2つ上の姉がおり、名前は麗那さんと言います。麗那さんも古賀紗理那選手と同じバレーボール選手で熊本信愛女学院高校のバレー部に所属していました。

古賀紗理那選手が入学した時は、麗那さんは3年生でしたので当時レギュラーであった麗那さんと共に試合に出ることもあったそうです。現在、麗那さんがバレーボールをしているという情報はありませんのでもしかすると、バレーボールから離れているかもしれません。姉と一緒にバレーボールをしたいなんて素敵な理由ですので、どれだけ姉妹の仲がよいかも分かります。

古賀紗理那の高校時代の活躍を紹介

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@sarinakoga_fan)がシェアした投稿

古賀紗理那選手は高校時代、素晴らしい活躍をしています。高校時代の活躍は以下の通りです。
【1年次】

  • アジアユース選手権(日本代表)優勝、大会MVP、ベストスコアラー獲得
  • 春高バレーベスト4、優秀選手賞

【2年次】

  • 4月:日本代表選出
  • インターハイ(7月)準優勝、ベスト6、優秀選手賞
  • 10月:第1回世界U23女子バレーボール選手権銅メダル、オールスターチームに選出

【3年次】

  • 「Team CORE」のメンバーに選出
    ※Team COREとは東京オリンピックの強化選手です。

古賀紗理那選手は、1年次から高校での活躍だけでなく、アジアユースや日本代表の選抜など数々の大舞台で活躍しています。特に得点力は素晴らしく、大会MVPやベストスコアラーにも選ばれるほどです。2015年のワールドカップではベストスコアラーランキング5位と世界でも通用する得点力です。東京オリンピックでも活躍が期待されています。

古賀紗理那は高校時のプレッシャーや挫折を先輩が支えた

 

この投稿をInstagramで見る

 

コロナ気をつけて下さいね

(@sarinakoga_fan)がシェアした投稿 –

古賀紗理那選手は高校時代に活躍をしましたが、プレッシャーや挫折も経験したようです。高校時代のプレッシャーや挫折を乗り越えられた理由についても紹介します。

古賀紗理那選手は高校1年生からレギュラーとして活躍する反面、先輩たちを差し置いて試合に出場していましたので相当なプレッシャーを感じていたそうです。姉も同じ高校でレギュラーとして活躍していましたので、姉と比較されたでしょう。

自分がレギュラーでいいのか悩んでいた時、先輩達が「紗理那のために頑張る」と言ったようです。先輩達も悔しい気持ちもあったと思いますが、チームのために後輩に背中を押した先輩達も素晴らしいですね。背中を押されたこともあり、古賀紗理那選手は自信をもってプレイするようになったようです。

次に挫折についてですが、古賀紗理那選手は高校1年生で日本代表に選出されましたので、日本代表の練習と高校バレーボール部の練習を掛け持ちするようになります。その掛け持ちでさえ大変だったにもかかわらず、それに加え、2年次には主将に選ばれます。

日本代表でチームを離れることが多く、チームをまとめられないはがゆさや、チームメイトに自分の意見を言えないもどかしさでバレーボールに集中できなくなってしまいます。

古賀紗理那選手を勇気づけたのは、控えの先輩です。「全員で意見を言い合おう。その意見を一番に言わなければならないのは紗理那だ」と先輩に言われ、古賀紗理那選手は立ち直ります。日本代表の練習を断り、春高の試合に向けて子言う子言うのバレーボールに集中します。

その春高の試合では選手4人がインフルエンザにかかるというアクシデントもあり、2回戦で敗れてしまいますが成長するきっかけとなりました。とてもよい先輩に恵まれたお陰もあり、今の古賀紗理那選手があるようです。

古賀紗理那の家族は?家族もバレーボール選手?

古賀紗理那選手の家族はバレーボール選手なのでしょうか。古賀紗理那選手の家族について紹介します。古賀紗理那選手は4人家族です。それぞれ紹介します。

  • 父:浩正さん
  • 母:博枝さん
  • 姉:麗那さん

父の浩正さんは、バレーボール選手でなかったものの、中学時代は野球をやっていたそうです。バレーボール選手ではありませんが、古賀紗理那選手にアドバイスをすることもあったようです。

母の博枝さんは、中学からバレーボールをはじめ、高校までの6年間バレーボールをしていたそうです。残念ながら春高出場とまではなりませんでしたが春高を目指していたそうです。

最後に姉の麗那さんです。2つ上の麗那さんもバレーボール選手です。身長は175cmと妹の紗理那選手に比べると低いですが、一般女性からみると高い身長です。現在は、大学卒業しているようですので働いているのでしょう。

古賀紗理那はおじいちゃん子?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#2019ありがとうございました  #2020よろしくお願いします 

(@sarinakoga_fan)がシェアした投稿 –

古賀紗理那選手は自他共に認めるおじいちゃん子のようです。ソフトのエピソードについて紹介します。古賀紗理那選手の祖父は古賀義治さんと言って、父方の祖父です。義治さんの年齢は84歳で、古賀紗理那選手が生まれた佐賀県に住んでいます。小さい頃から一緒に過ごすことが多く、遊んでもらっていたようです。

義治さんとは今でも毎週に電話で話すことが多く、東京での生活やバレーボールのことも話すようです。義治さんは耳が遠いようですが、一生懸命話を聞いてくれるので古賀紗理那選手は素の姿を出せる存在であると語っています。古賀紗理那選手にとって祖父は一番の応援団であり心の支えになっているのでしょう。祖父の支えも力にこれからも活躍して欲しいですね。

古賀紗理那のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@sarinakoga_fan)がシェアした投稿

古賀紗理那選手とはどのような選手なのでしょう。プロフィールを紹介します。

名前 古賀紗理那(こがさりな)
生年月日 1996年5月21日
出身地 佐賀県神崎郡
学歴 大津中学校、熊本信愛女学院高校
身長 188cm
体重 66㎏
所属 NECレッドロケッツ

【成績】

  • 2013年:高校インターハイ準優勝、ベスト6・優秀選手賞
  • 2014シーズン:Vプレミアリーグ優勝
  • 2015年:ワールドカップ、ベストレシーバー部門トップ
  • 2016シーズン:Vプレミアリーグ優勝、最優秀選手賞及びベスト6賞

古賀紗理那選手は、VプレミアリーグのNECレッドロケッツで活躍するバレーボール選手です。高校時代から日本代表に選出されるなど輝かしい活躍をしています。東京オリンピックではエースとしての日本代表を引っ張る選手として注目されている選手です。

古賀紗理那の高校時代も凄かった?姉や家族について詳しくまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ふと思う、ずっと追いかけたい

(@sarinakoga_fan)がシェアした投稿 –

古賀紗理那選手の高校時代の活躍や家族については以下の通りです。

・古賀紗理那選手は姉とバレーボールをしたくて熊本信愛女学院に進学した
・高校時代はアジアユース選手権の大会MVP、春高、インターハイでも優秀選手に選ばれる
・高校1年で日本代表選出
・母と姉がバレーボール選手だった
・自他共に認めるおじいちゃん子

古賀紗理那選手は23歳ですので今後の日本女子バレーボール界を引っ張っていく選手になるでしょう。今後の活躍も注目です。

すぽぶろ!