スポーツ

古谷優人(ソフトバンク)妹とのエピソードが泣ける?家族構成も調査

古谷優人 妹

ドラフト特番でソフトバンクホークスから2番指名を受けた古谷優人選手。爽やか且つイケメン投手として人気な選手です。そんな古谷優人選手は、ドラフト特番にも出演していた妹のみりあちゃんとの関係がとても感動的な事でも話題になっています。

そこで古谷優人選手の妹みりあちゃんや、ご家族についてまとめてみました。古谷優人選手のより魅力的な一面が知れるかもしれません。

古谷優人(ソフトバンク)妹は障害がある?

古谷優人選手の妹みりあちゃんは「先天性サイトメガロウイルス感染症」という障害を持っています。妊娠時に感染し、精神発達や運動発達に障害が残る病気です。

みりあちゃんも脳の半分に空洞があり、歩けないだろう、しゃべれないだろうという診断を生まれた時からされていました。しかし、野球を頑張る兄を応援したい気持ちからか、古谷優人選手の試合観戦中に「お兄ちゃんがんばれ」と叫んだといいます。

これこそ奇跡といえるでしょう。現在はインタビューなども受けられるほどになっています。

古谷優人(ソフトバンク)妹とのエピソードに感動?

古谷優人選手が小学2年生の時、みりあちゃんは生まれました。生まれた時から障害を持っていたみりあちゃんですが、退院時からしっかりとお兄ちゃんとしての強い絆で結ばれていました。それは、看護師への「いままでみりあをみてくれてありがとう」「これからはおれがみます」というメッセージから読み取れます。なんという責任感でしょう。小学生とは思えません。

また、しゃべれないだろうと言われていたみりあちゃんも、お兄ちゃんの試合を見に行っているうちに自然と「お兄ちゃんがんばれ!」と声に出すことができるようになりました。高校時代にはみりあちゃんは女神としてチームメイトたちからも認められていて、いると華やかになるという笑顔でみんなを魅了してきました。

そんな彼女のことを古谷優人選手は「ひまわり」と表現しています。家族の絆がいたるところに感じられるほっこりしたエピソードです。

古谷優人(ソフトバンク)どんな家族構成?兄もスポーツ選手?

古谷優人選手は5人家族。家族構成は父・母・兄・妹です。兄の古谷翔真さんは、同じ野球かと思いきやサッカーをしています。十勝フェアスカイというチームに所属するサッカー選手です。

スポーツは違えど二人ともプロで活躍しているところを見ると、運動神経の良さはDNAからも見て取れますね。

古谷優人(ソフトバンク)彼女か結婚相手はいる?

古谷優人選手は、若干、20歳ですがすでに結婚しています。スポーツ紙でも報道されているのでご存じの方もいるかと思いますが、お相手の女性は現在は一般女性として報道されています。日本タレント名鑑に載っている、芸能活動も行っていた方です。

今の日本で、さらに活躍する前のスポーツ選手で既婚者というのは非常に珍しいです。確固たる決意と決断力を感じさせます。本人から「結婚したことで責任感が生まれる」という発言もあり、これからの活躍に期待したいところです。

古谷優人(ソフトバンク)性格はいいほう?

古谷優人選手はさわやかなイケメン、というだけでなく性格までイケメンです。妹のみりあちゃんとのエピソードでは、みりあちゃんが生まれたときに、当時小学生だったにも関らず、看護師さんへ「これからはぼくがみます」というメッセージを残したといいます。プロになった今も「みりあはぼくのひまわりです」という言葉や、が「人助け」という発言もあります。

新しい家族、という意味では奥様とのエピソードでも責任感のある発言が好印象ですし、小さなころから今までどのエピソードを切り取っても心までイケメンといえるでしょう。今後もこのまま素敵な大人に成長してほしいものです。

古谷優人(ソフトバンク)球種と年棒は?

古谷優人選手の球種はストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークと多彩です。2016年のドラフト2位指名され、契約金6000万円、年俸700万円で契約しています。

古谷優人(ソフトバンク)出身高校と高校時代の活躍は?

古谷優人選手は北海道出身で、地元私立の江陵高校へ進学しました。高校時代は野球で有名な高校ではなく、地元の私立高校へ入学したものの、1年生からエースとして活躍し、チームを牽引する存在でした。

しかし、高校時代の古谷優人選手は十勝大会で苦汁をなめる2年間を過ごし、中々甲子園への道のりは長く続きました。そんな中、信頼する谷本監督の指導の下、3年春の大会で古谷優人選手が主将として力を発揮します。粘り強くチームメイトと話し合いをし、初心に帰り目標を突き詰めて考えた結果、「監督を甲子園に連れていく」ことを目標にチームを一つにまとめ上げていきました。

高校3年夏、北北海道大会では準々決勝で釧路工高と対戦し、8者連続を含む20奪三振、3安打完封で勝利。準決勝では惜しくも滝川西高と対戦した結果1ー3で敗退するも、12球団から調査依頼書が届き、まさに注目された存在となりました。

2016年には福岡ソフトバンクホークスにドラフト2位指名で入団しています。無名高校からドラフト2位指名での入団、これまでの努力と苦悩が実りその実力を示した結果と言えるでしょう。

古谷優人(ソフトバンク)出身地はどこ?

古谷優人選手の出身地は、北海道中川郡幕別町です。小学3年生から野球を始め、中学・高校と地元の学校へ通っていました。幕別町は「パークゴルフとナウマン象のまち」として知られ、約2万6千人が暮らす街です。

幕張町体育連盟という地域住民のためのスポーツ支援団体もあり、スポーツの振興と普及に力を注いでいます。野球場も3か所あり、予約制で使用することが可能です。練習できる場所など、環境が整っているか否かはスポーツ選手にとって大事な要素でもあります。

必ずしも設備が整っていれば優秀な選手が育つというわけではないかもしれませんが、地元での野球を含めたスポーツをする環境が整っていたことは古谷優人選手の成長の一環となっていたのかもしれません。

古谷優人(ソフトバンク)のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

まる@photos(@ym_____photos)がシェアした投稿

名前 古谷優人(ふるやゆうと)
生年月日 1999年2月19日
出身地 北海道帯広市
学歴 江陵高等学校卒業
身長 176cm
体重 76kg
所属チーム 福岡ソフトバンクホーク
ポジション 投手
投打 左投左打
  • 2016年 高校3年夏 北北海道大会
    準々決勝vs釧路工高 8者連続を含む20奪三振、3安打完封 勝利
    準決勝 vs滝川西高 1ー3で敗退
  • 2017年 プロ1年目
    三軍 6勝2敗
    二軍 1勝2敗
    一軍 登板なし
  • 2018年 プロ2年目
    二軍 5勝2敗
  • 2019年 プロ3年目
    三軍 7勝4敗
    二軍 2勝1敗
    一軍 登板なし

古谷優人(ソフトバンク)妹とのエピソードが泣ける?家族構成も調査まとめ

  • 家族構成は5人家族
  • 兄はサッカー選手でスポーツのDNAは家族共通
  • 古谷優人選手は小学2年生で野球をはじめ、努力を続けてきた
  • 妹のみりあちゃんは障害を持つも、家族やチームの支えとなっていた
  • 妹のみりあちゃんも古谷優人選手もお互いを大切にしている
  • 古谷優人選手は顔も心もさわやかで家族想いなイケメン

様々な一面を見てきましたが、どこを切り取っても完璧では?と思わせる人間性に今後が楽しみな野球選手としての素質。今後の活躍に目が離せません。

すぽぶろ!