スポーツ

服部勇馬兄弟のエピソードに感動!弟と妹はどんな人?

服部勇馬 兄弟

日本陸連主催のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)が2019年9月15日に行われ、マラソン界のホープであるトヨタ自動車所属の服部勇馬選手は最後まで粘りのある力強い走りを見せ、見事2位でゴールし2020年東京五輪に内定しました。東京五輪内定と共に服部勇馬選手は兄弟との絆の深さも話題となっています。

今回は服部勇馬選手の兄弟や家族について、エピソードなども紹介していきたいと思います。

服部勇馬の弟・服部弾馬も服部風馬もイケメン陸上選手なの?

服部勇馬選手の1歳年下の弟・服部弾馬選手は現在トーエネックに所属している陸上選手です。東洋大学陸上部時代は中距離選手として1500mと5000mの東洋大記録保持者であり、2015年箱根駅伝では「服部兄弟」として兄・服部勇馬選手と共に話題になりました。

服部弾馬選手は「MGCは名古屋で見ていました。兄が代表内定という形になり、本格的にオリンピックを目指さなければならないなと感じました。MGCが終わった後に兄と一緒にステーキを食べに行った時、「次はお前の番だ」と言われて。兄の活躍に伴って地元新潟の人から自分も注目を浴びたいし、プレッシャーになる部分もありますが、これから1年はそれを楽しんでいきたいと思います」と語っていました。

そして9月20日ヤンマースタジアム長居で開催された全日本実業団陸上競技選手権大会で1500mと5000mに出場し「今回の兄の走りでオリンピックを近場に感じられたというか。絶対に兄と一緒に行ってやるんだと言う思いは強くなりました」と大会を振り返りました。

服部勇馬選手の4歳年下の弟・服部風馬さんは愛知県豊川高校で陸上部に所属していましたが、現在は実家の仕事を手伝っているため、陸上選手ではありません。

ネット上では「服部3兄弟は全員イケメン」「3男風馬が凄い男前」などの声があがっています。そんなイケメン服部3兄弟ですが、祖父・服部龍一さんが馬を飼っていた事から名前に馬が入っています。父・服部好位さんは生まれてきた服部勇馬選手を見て「勇ましい」と感じ「勇馬」と名づけたそうです。

父・服部好位さんから見ると服部勇馬選手の走りは自由に飛んでいくイメージで、服部弾馬選手の走りは真っ直ぐ走るイメージだそうです。

服部勇馬の可愛い妹と評判の服部葉月も陸上選手なの?

服部勇馬選手より10歳年下の妹・服部葉月さんは、現在十日町高校1年生です。

服部葉月さんも陸上をしているようで、2015年9月30日開催「第11十日町市・津南町小学校親善陸上大会」に出場し、100mで8人中2位、800mで19人中5位という成績を残されていますが、この時点では確証が無かったようです。

ですが、2019年9月21日・22日に開催された第49回新潟県高校選抜陸上競技大会にも出場しており、女子400m決勝8位入賞と4×400mリレーでは2位という成績を出しているので、服部勇馬選手の妹・服部葉月さんも陸上をされている可能性が高いです。

東京五輪への切符をかけたMGCに参加した服部勇馬選手の左胸には、妹・服部葉月さん手作りのお守りが付けられていて、中には一昨年に亡くなった祖父母の写真が入っていたようです。

妹・服部葉月さんからも慕われている兄の服部勇馬選手ですが、服部勇馬選手も10歳年下の妹が可愛くて仕方ないのではないかと思います。

服部勇馬の両親はどの様な人?実家は会社経営って本当?

服部勇馬選手の実家は新潟県十日町市で有限会社服部総業という会社を経営しており、業種は建設業で主に鳶・工事業全般を請け負っていて、従業員32名の方が働いています。

会社の創業者は服部勇馬選手の祖父・服部龍一さんで、父・好位さんが代表取締役社長を務めていますが、最近になり服部勇馬選手の弟・服部風馬さんが会社を引き継ぐ事になったそうです。

服部勇馬選手の父・好位さんは十種競技の選手だったそうで、母・服部麻理子さんはクロスカントリースキーの経験者だそうです。服部勇馬選手や兄弟の身体能力の高さは両親から引き継いだものかもしれません。

服部勇馬の兄弟は仲良し!兄弟同士のエピソードに感動の声

服部勇馬選手と弟妹はお互いを思いやる素敵な兄弟関係を築いてます。弟・服部弾馬選手から「右アキレス腱が痛い」と相談され一睡も出来ず、当日は母に電話したりと弟の不調を心配されていました。

弟・服部弾馬選手が無事に襷を繋いだ姿を見て中継所で感動のあまり泣いてしまったりと弟思いの優しい兄である事が伺えます。

そして弟・服部風馬さんも陸上をしていましたが、高校3年の秋に右アキレス腱を損傷、それでも陸上をやめようと思った事は無かったらしく「大学で再挑戦し、2人の兄に追いつきたい」と思っていたそうです。

2015年2人の兄が出場する箱根駅伝の応援に両親と妹・服部葉月さんと行った翌日の新聞に「東洋大の服部兄弟」の大見出し付きで2人の兄の襷リレーの記事を見た時、服部風馬さんは陸上から引退する事を決意しました。

高校の寮に戻り、祖父・服部龍一さんに電話をかけ「俺、戻って家の仕事を手伝うよ。勇馬、弾馬には陸上に専念して貰いたいから」と言いました。祖父・服部龍一さんから「いいのか?」と聞かれ「それが自分流の陸上への関わり方なんだ」と答えると「そうか。帰っておいで」と祖父・服部龍一さんは優しく受け止めてくれたようです。

服部勇馬選手は国内大会の優勝インタビューで「実家を継いで遠くから支えてくれる弟がいる。その為にも頑張りたい」と語り、服部弾馬選手もいつも感謝の言葉をかけてくれるそうで「そんな一言に支えられて日々頑張れています」と弟・服部風馬さんは話しています。

服部勇馬選手の呼びかけで2017年皇居周辺で開催された一般参加のリレーマラソンに服部3兄弟は参加し「兄弟揃って走るのはやっぱり格別」と襷を繋ぐ楽しさを味わったそうです。

服部風馬さんは2人の兄と週に4回SNSのテレビ通話で連絡を取り合っていたり、2人が帰省した時は家族全員で近くのラーメン店に行くそうです。「テレビで輝いている勇馬は兄とは思えないほど超人的だけど、帰省してゴロゴロしている様子を見るとやっぱり兄だなと安心します」と言っています。

服部勇馬選手と兄弟はかなり仲が良いですが、ご家族の皆様も素敵な方達ばかりだと思います。

服部勇馬の噂の彼女って誰?

服部勇馬選手はマラソン界でプリンスと呼ばれ端正な顔立ちと誠実な性格が話題となっており、服部勇馬選手の公式インスタには女性ファンから「素敵」「イケメン」というコメントが多く寄せられています。

服部勇馬選手が東京オリンピック男子マラソンの代表に内定した事で、服部勇馬選手に彼女がいるのかどうかも噂になっています。服部勇馬選手の彼女については、服部勇馬選手と同じ年で学生時代に國學院大學陸上競技部のマネージャーだった川崎まなりさんではないか?という情報がありました。

お2人が一緒に歩いているところを目撃されたようですが、2ショット写真などは無いので真相ははっきりと分かっていません。また、服部勇馬選手が指輪をはめているとの情報もある事から彼女がいる可能性は充分にあると言われています。

ですが、服部勇馬選手には来年東京オリンピックという最大の目標がありますので、彼女との交際や結婚よりも、東京オリンピックで結果を出す事に専念していると思われます。

服部勇馬の性格は?

服部勇馬選手は負けず嫌いな一面もあり自分自身にはストイックな性格の様で、レースに対する目標について聞かれた時

「最終的に勝つというところでは一緒なのですが、記録を狙っていくと言う事ではそういったところを目指したいです。勝ちにこだわるのとはまた別なところになるのですが。ただ最終的にどんなマラソンでも勝たなければ意味が無いと思うので強い選手になりたいですね」

と語っています。服部勇馬選手の強さが伝わってくる回答だと思います。

服部勇馬選手は陸上の事を考えている時、相手から「話し聞いてなかったでしょ」と言われたり、遊びに出かけると「何時にここを出てたら、帰って走れるのは何分くらいか」など、家にいてもご飯を食べている時も陸上の事を常に考え、どうしたら早く走れるのか追求しているようです。

2020年東京オリンピックの舞台でも「勝たなければ意味が無い」走りを見せてくれるのが今からとても楽しみです。

服部勇馬が5秒差で獲得した東京五輪出場の裏側は?

「2人が抜け出して20m離れて登りは自信を持って登っていた。大迫さんが後ろを振り返ったので、もしかしたらチャンスがあると思っていた。順位が入れ替わったところは覚えていない。気づいたらゴール。無我夢中で走った」

残り300mでの逆転で服部勇馬選手は大迫選手と5秒差で東京五輪内定を決めました。服部勇馬選手は東京を訪れる度にMGCのコースを試走していたそうです。

箱根駅伝「花の2区」で2年連続区間賞を獲得した元エースのトレーニングは、レース終盤の失速を防ぐために日々の練習では40キロを走り、その翌日は服部勇馬選手が慣れている2区よりもダメージのある5句並みの山岳コースを何度も走り、自分の苦手と向き合い専門外の山で鍛え直したそうです。

同時に足の後ろ側の筋肉を使って地面を蹴る様に走り方も改善しました。MGCでも37キロ辺りから足の前側に疲労を感じながらも、最後の上り坂で練習の成果を出し「足が残っている自信があった。最後に諦めない気持ちに繋がったと思う」と語り、自らの弱点を克服した逆転劇を見せてくれました。

服部勇馬プロフィール

名 前 服部勇馬
生年月日 1993年11月13日 26歳 O 型
身長・体重 176cm・61kg
出身・学歴 新潟県十日町市 仙台育英高校卒業 東洋大学経済学部経済学科卒業
所属・種目 トヨタ自動車 長距離・マラソン

服部勇馬選手は中学3年生の時に全日本中学陸上1500m決勝で7位に入賞し、当時仙台育英高校の監督であった清野潤一氏に誘われ仙台育英高校に進学します。

仙台育英高校時代は3年生の時に出場した2011青森インターハイ5000mで5位に入賞しました。高校卒業後は東洋大学に進学し初年度から駅伝のメンバーとして活躍し、2年の時の出雲駅伝では5区の区間記録を樹立、同年第58回30kmロードレースでは優勝しています。

4年になると2015年7月ホクレンディスタンスチャレンジ北見大会で5000mに出場し東洋大新記録を樹立、同大会1500mに出場した弟・服部弾馬選手と共に東洋大記録保持者となりました。

同年11月第47回全日本大学駅伝では区間賞を獲得し、2区を担当した弟・服部弾馬選手に襷を繋ぎ初の駅伝全国1位に貢献しました。

服部勇馬選手は大学卒業後はトヨタ自動車に入社し、ニューイヤー駅伝などにも出場して好成績を残しています。

2018年福岡国際マラソンでは2004年大会の尾方剛選手以来14年ぶりとなる日本人選手優勝を果たしMGCの出場権を獲得、MGCでは2位で東京オリンピック男子マラソン代表に内定しました。

まとめ

服部勇馬選手が学生時代から夢にまで見ていたオリンピックへの切符を勝ち取ったのは、服部勇馬選手が実力を出し切ったのもあるかと思われますが、両親や3人の弟妹の後押しがあったのも大きかったかもしれません。

服部勇馬選手は2018年に世界各国の長距離ランナーを抑えて優勝しています。その走りを2020年東京五輪でも見せて欲しいと思っています。

すぽぶろ!