プロ野球

植田海(阪神)弟がいた?家族構成や父親母親も調べた!

植田海 弟

阪神タイガースがスタートダッシュこそ失敗したものの確実に勝利を重ねていっています。その原動力となっているのが、若手が育っているからではないでしょうか。

その中の1人に俊足を活かした攻撃をする植田海(うえだかい)選手がいます。植田海選手とはどのような選手なのでしょうか。家族構成やこれまでの経歴についても紹介します。

植田海には弟がいる?どんな家族構成?

 

この投稿をInstagramで見る

 

タイガースベンチにはファンクラブ会員の方々からお送りいただいた応援メッセージや似顔絵を飾って試合に挑みます!自分のあるかなと選手もcheckしてました⭐︎ #植田海 選手 #ジャスティンボーア 選手 #糸原健斗 選手 #梅野隆太郎 選手 #矢野燿大 監督 #青柳晃洋 選手 #イラストはどれも上手です✨ #皆さまからの想い届いています! #ありがとうございます✨ ファンクラブ会員の皆さま、まだまだ募集中なので是非送ってください! #随時更新 #阪神タイガース #ファンともっとプロジェクト

阪神タイガース(@hanshintigers_official)がシェアした投稿 –

植田海選手には弟がいるという噂ですが、どのような家族構成なのでしょうか。紹介していきます。植田海選手は、両親と弟の4人家族です弟がいるという噂はありますが、残念ながら年齢や名前は分かりませんでした。

また、ドラフトで阪神の入団が決定した時に、父と母と祖母である美智子さんと一緒に写真を写っています。父方か母方どちら方の母親か分かりません。もしかしたら同居されているのかもしれません。

どちらにしてもプロ野球選手の弟でもし、弟が野球をされているのであればいずれ名前が上がってくるのかもしれませんね。

植田海の父親と母親はどんな人?

植田海選手の弟の氏名や情報は分かりませんでしたが、両親の名前や年齢、教育方針はあるのでしょうか。植田海選手の両親の名前や年齢は以下の通りです。

  • 父:純弘さん
  • 母:美奈子さん(50歳)

植田海選手の父親の名前は純弘さんで、母親の名前は美奈子さんです。父親の年齢は分かりませんが、母親の年齢は50歳です。

阪神入団が決定した後両親と共に写っている写真がありましたが、写真を見る限りでは父親と母親の年齢はあまり離れていないと考えられますので、父親の年齢も50歳前後だと考えれらます。

また、両親の職業は分かりませんでしたが、子供への教育方針は分かりました。子供への教育方針は以下の3点です。

  • 炭酸禁止
  • 早寝早起き
  • どんぶり2杯のご飯

植田海選手は、小学校2年生より少年阿求に入団し、野球をはじめました。小さい頃からプロ野球選手を目指していたかどうかは不明ですが、母親は食事にとても気を使っており、肉や野菜を中心とした栄養のある食事を食べさせていたそうです。

また、植田海選手は俊足の選手としてでも有名な選手ですが、俊足になったきっかけとして、小学校4~6年次に少年野球チームと陸上クラブに所属し、走り方を一から学んだそうです。

植田海選手の盗塁は、きちんと陸上で走るフォームを学んた走り方ということになります。そんな両親の小さい頃からのサポートもあり今の植田海選手があるのですね。

植田海の年俸推移と成績は?

プロ野球選手と言えば気になるのが年俸ですが、植田海選手の年俸推移と成績はどうなっているのでしょうか。紹介していきます。

【年俸推移】

年俸
2014年 契約金3,000万円
2015年 500万円
2016年 500万円
2017年 500万円
2018年 550万円
2019年 1,400万円
2020年 1,600万円

2014年の入団後から1軍と2軍への移動が続き、中々活躍できませんでした。2016年オフに二軍監督掛布雅之さんの勧めでスイッチヒッターに転向。

転向後、徐々に活躍し、塁に出れば盗塁を果敢に仕掛け、セーフティバンドなども上手く2018年には198打席に立ちました。この評価が認められ2019年には年俸890万円アップの1,400万円、2020年は年俸1,600万円と徐々に活躍をしていっています。2,021年には年俸2,000万円台突入も夢ではありません。

植田海の経歴

植田海選手の経歴には、高校の名前が2つ書かれていますがなぜなのでしょうか。理由も含めて紹介します。植田海選手は中学卒業後、山梨県の日本航空高校に入学しています。

しかし、1年の冬には自主退学し、2年次に地元に近い近江高校に転校し、近江高校からプロ入りしています。なぜ日本航空高校を退学したのでしょう。詳しいことは書かれていませんでしたが、日本航空高校は地元から遠いので、寮生活が辛かったことも関係しているのではないかと考えられます。

15歳で親元を離れて1人で野球をしながら寮生活は植田海選手には大変だったのかもしれません。

転校して別の学校に入学する場合、日本高校野球連盟の規定で1年間は公式戦に出られません。1年試合に出れずにプロ入りを諦めをてしまう人も少なくありません。トラブルも考えましたが、現在でも日本航空高校のメンバーとは連絡を取り合っているようです。

本当にホームシックにかかったのかもしれません。苦しい期間を乗り越えて植田海選手は高校で活躍をしたのでしょう。この辛かった経験をばねにこれからも頑張ってもらいたいですね。

植田海のプロフィール

植田海選手とはどのような選手なのでしょうか。プロフィールを紹介します。

名前 植田海(うえだかい)
生年月日 1996年4月19日
出身地 滋賀県甲賀市
学歴 日本航空高校(1年)、近江高校
身長 175cm
体重 67㎏
投球・打席 右投両打
ポジション 内野手
ドラフト 2014年ドラフト5位
所属 阪神タイガース
日本代表歴 ・2016年第1回WBSC U-23 日本代表(盗塁王)

植田海選手は、近江高校から2015年ドラフト5位で阪神タイガースに入団したプロ野球選手です。俊足を活かした攻撃でチームを勢いづける存在です。6年目の今シーズンは更なる活躍が期待されます。

植田海(阪神)弟がいた?家族構成や父親母親まとめ

植田海選手の弟や家族構成について以下のことがわかりました。

  • 両親と弟の4人家族
  • 弟の年齢や名前は不明
  • 祖母と一緒に住んでいた可能性もある
  • 小さい頃から食生活に気を使われていた
  • スイッチヒッターになり2018年から活躍

今後、植田海選手は阪神タイガースが強くなるために必要な選手です。これからの植田海選手の俊足を活かした攻撃に期待しましょう。

すぽぶろ!