スポーツ

服部勇馬は結婚してるの?彼女が現在いるのか調査!

服部勇馬 結婚

2020年の東京オリンピックマラソン日本代表に内定した服部勇馬選手。普段はサングラスをかけて走っているので、走っている顔を見ることは難しいですが、素顔がかっこいいと人気です。

今回は、服部勇馬選手の結婚・彼女がいるのかについてまとめてみました。

服部勇馬は結婚している?指輪をしていると目撃情報の真相は?

服部勇馬選手は、陸上界でもイケメンでファンも多いですが、結婚はしているのでしょうか。服部勇馬選手は指輪をしていたという目撃情報があったので結婚しているという噂があるようですが、現時点では、結婚している情報はありません。

しかし、服部勇馬選手が指輪をしていたことはあるようです。以前、彼女がいるという噂もありましたので、彼女とのお揃いの指輪だったのかもしれませんが真相は不明です。指輪は、男性でも女性でもファッションとして着用している人も増えていますのでファッションリングである可能性も考えられます。

スポーツ選手は芸能人と違い、結婚したことを報告することはありません。服部勇馬選手がSNSはしていませんが、結婚したのであれば、服部勇馬選手の所属先であるトヨタ自動車から報告があるかもしれませんね。

服部勇馬に彼女はいる?現在の彼女情報は?

服部勇馬選手は独身であることは分かりましたが、現在、彼女はいるのでしょうか。現時点で服部勇馬選手は、彼女がいるという情報はありません。

しかし、服部勇馬選手で調べると「川村ひかりさん」という人物がでてきます。川村ひかりさんという人は服部勇馬選手にとんてどんな方なのでしょうか。

川村ひかりさんは、服部勇馬選手と同じ元國學院大学の陸上部のマネージャーでした。大学時代に一緒に帰っていたことを目撃されたことがあるそうです。そこで服部勇馬選手の彼女ではないかと噂が流れたそうです。

彼女だったかどうかの真相は分からないようですが、陸上部のマネージャーと一緒に帰ることは恋人の関係でなくてもあるかもしれません。川村ひかりさんが彼女だったという可能性は薄いようです。

その後、彼女の噂は聞かれていません。2020年の東京オリンピックに向けて彼女どころではないのかもしれませんね。

服部勇馬はイケメン兄弟という噂は?

服部勇馬選手は、東洋大学時代に服部兄弟として箱根駅伝で注目されました。その人とは服部勇馬選手の1個下の弟である服部弾馬選手です。服部弾馬選手もイケメンで兄の勇馬選手同様、人気のある選手です。

服部弾馬選手について、少し紹介します。服部弾馬選手は、兄の影響を受けて小さい頃から陸上をはじめます。高校時代は兄の勇馬選手がマラソンなのに対し、弾馬選手はトラック競技の選手として活躍していました。

その後、兄の勇馬選手と同じ東洋大学へ進学。2016年の箱根駅伝には兄の勇馬選手が2区、弟の弾馬選手が3区で襷を繋ぎました。

兄弟仲もよく、勇馬選手と弾馬選手が一緒に写真を撮っている姿が見られます。兄弟そっくりという訳ではありませんが、どちらもイケメンであることに違いありません。

弾馬選手は、トラック競技で2020年の東京オリンピックを目指しており、兄の勇馬選手から「次はお前だ!」と激励を受けたと弾馬選手は自身のTwitterで投稿しています。兄弟揃ってオリンピックに出場も近いですね。

服部勇馬の性格は?性格もイケメン?

服部勇馬選手のかっこよさは外観だけなのでしょうか。服部勇馬選手は勝ちにこだわるスポーツ選手ならではの性格のようです。服部勇馬選手の性格を紹介します。

服部勇馬選手の性格はとても真面目で努力家です。また、「負けず嫌いでストイック」の人という声が多いです。とにかく勝たなければ意味がないと考えている人で、記録よりもまず勝つことを目標として自分を追い込み、コツコツと練習に取り組んでいるようです。

日々の練習に取り組んだ結果、東京オリンピックの選考会のMGCで2位という成績に繋がったのかもしれません。

また、4人兄弟の長男でもあるので妹・弟想いの一面もあるようです。服部勇馬選手は、一番近くにいる弟の弾馬選手を特に心配していて、弾馬選手が足が痛いと言うと、一睡もできずに母に相談し、その大会で無事に襷を繋いだ時に勇馬選手が涙を流したという感動するエピソードも残されています。

自分には厳しくストイックな人ですが、とても優しい性格のようです。服部勇馬選手は兄弟想いの素敵な人です。

服部勇馬は兄弟が多い?実家や両親について

服部勇馬選手は結婚されていませんが、家族の絆がありここまでこれたようです。服部勇馬選手の兄弟、家族の絆の感動エピソードを紹介します。

服部勇馬選手の家族は、父・母・勇馬選手・弾馬選手・三男(風馬さん)・長女(葉月)さんの6人家族です。お父さんは混成競技・十種競技デカスロンの元選手、お母さんはクロスカントリースキーの元選手というスポーツ万能な両親です。

実家は服部総業という建築業の会社を経営されています。実家が経営をされているということは、将来は会社を継がなければならないことになります。本来なら、長男である勇馬選手が跡継ぎと考えられるので、勇馬選手も小さい頃から跡継ぎを考えたことがあるそうです。

しかし、現在実家の跡継ぎとなったのは三男の風馬さんです。風馬さんが跡継ぎとなった理由は、兄想いの風馬さんの決断がありました。

服部家は長女も含め、全員が小さい頃より陸上をしていました。祖父の飼っていた馬にちなんで兄弟には全て馬という名前がついているのも運命なのでしょうか。小さい頃から勇馬選手、弾馬選手とも実力を発揮します。

そんな2人を見た風馬さんは、「兄たちに陸上に専念してほしいから陸上を辞めて家業を継ぐ」と決意したそうです。その決意をしたのが、高校時代ですので驚きです。このことがきっかけで、勇馬選手も弾馬選手もますます陸上に打ち込むことができたようです。

弟の夢は2人の兄に託されました。兄の勇馬選手がMGCで東京オリンピック出場を決めた時、仕事を休んで応援に駆けつけていた風馬さん。弟の存在が力となっている部分もあるのでしょう。

また、長女である妹とも仲が良く、毎年新潟に帰省した際には皆で立ち寄るラーメン屋があるそうです。家族の後押しもあり、今の人に優しく自分にストイックな服部勇馬選手があるのですね。

服部勇馬の年収や所属先は?

服部勇馬選手は、東洋大学卒業後、2016年トヨタに入社しています。トヨタに入社したきっかけは、常に改善をつけるために努力している姿勢が自分の考え方と似ているからのようです。

服部勇馬選手は陸上選手としての知識を増やし、常に改善したいと考えています。入社する年齢は22歳という若い年齢ですが、その歳から将来のことをきちんと考えているのですね。

そして、1・2年目は怪我や成績が奮わず苦しみます。練習をしたくてもできない期間や伸びない成績に悩まされましたが、目標を見つめなおし取り組んだ結果、東京オリンピック出場を果たしました。服部勇馬選手は、苦労や挫折も味わった選手なのです。

そんな服部勇馬選手の給与は正確にはでませんでしたが、陸上以外はトヨタの社員として働いていますので月収25万円以上、遠征などの費用は会社が負担してくれるそうです。現在年収400万円以上あると予想されます。

また、成績を残せばボーナスもあるようですから、オリンピックで活躍すればさらなるボーナスも期待できるでしょう。

服部勇馬のプロフィール

生年月日 1993年11月13日
出身地 新潟県十日町市出身
身長・体重 176㎝・61kg
血液型・星座 O型・天秤座
所 属 トヨタ自動車

中学時代より弟の勇馬選手と共に陸上をはじめています。高校時代は仙台育英高校にてインターハイ5000mで5位入賞、大学は名門東洋大学に進学し、2年連続箱根駅伝にて区間賞を受賞など数々の記録を受賞しています。

大学卒業後、トヨタ自動車に所属し、2018年には東京オリンピックの選考会であるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)で2位となり、2020年の東京オリンピック出場を決めています。

まとめ

服部勇馬選手は、2020年の東京オリンピックマラソンの日本代表に内定している選手です。かっこよく人気のある選手で、現時点では結婚・彼女の情報はありません。

自分にストイックで記録よりも勝ちにこだわる選手ですが、ストックである反面、家族想いの優しい選手です。弟である風馬選手が夢を諦め兄のかわりに家業を継ぎ、家族が勇馬選手の夢を応援しています。

弟の弾馬選手の東京オリンピック出場の期待も高まります。服部勇馬選手は、東京オリンピックでも期待されている選手の1人ですので、活躍に注目が集まります。

すぽぶろ!