スポーツ

楢崎智亜の出身中学出身高校はどこ?実家と経歴を調査!

楢崎智亜 出身中学

スポーツクライミング日本代表の楢崎智亜選手。スポーツクライミング日本代表に選ばれたこともあって、出身高校や中学や実家などについて、よく調べられています。

ここでは、楢崎智亜選手の出身高校、出身中学、実家についてまとめました。

楢崎智亜の出身地はどこ?

スポーツクライミングで活躍されており2020年東京オリンピックの日本代表にも内定している楢崎智亜(ならさき ともあ)選手は栃木県宇都宮市出身です。宇都宮といえばなんですか?

餃子なんですかやっぱり?楢崎智亜選手も餃子を食べることはあるのでしょうか・・・あるのでしょうけどけどそこを深く突き詰めてもしょうがないので・・・。

宇都宮市に住んでいる楢崎智亜選手がどのようにスポーツクライミングと出会ったのか非常に気になりますね。宇都宮市とはスポーツクライミングが盛んな場所なのでしょうか。グーグルマップで見てみると宇都宮駅の周りには結構な数のスポーツクライミングのジムがあります。

栃木はスポーツクライミング先進地 体験できる場所、次々に誕生|下野新聞 SOON(スーン)

宇都宮市のある栃木県はスポーツクライミングの世界的な選手を多く輩出しており、そんな環境で育った楢崎智亜選手がスポーツクライミングと出会えたのも偶然ではなかったのです。

楢崎智亜の出身中学はどこ?

調べてみると楢崎智亜選手の卒業した中学校は作新学院中等部だとわかりました。作新学院といえば「日本一の生徒数を誇る学校」と生徒の多さが話題になることがあり、一番多い年(1991年)にはなんと10000人以上の生徒が在籍するような中学校でした。

10000人以上の生徒がいる中学校とは一体どんな雰囲気なのでしょうか?1学年に何クラスあるのか、昼休みの食堂にはいったいどれだけの生徒が並んでいるのだろう?

並んでいても自分の順番が来たころにはもう昼休みが終わってしまっているのでは、朝礼や全校集会はどれだけ広い講堂や体育館に集まってるんだ、などいろいろ想像してしまいます。

ただ実際にはいくつかある学部ごとに校舎も分かれているのでそこまで大げさではないのかもしれません。ちなみに近年の生徒数は4000人程度と落ち着いてきましたが、それでも普通の中学校の何倍もありますね。ここまで巨大な学校ですからスポーツでも学問のほうでも生徒の活躍は多くてそれはもうここには書ききれないほどです。

さて、楢崎智亜選手がどのような中学校生活を送られていたのかは調べてみてもなかなか見つかりませんでした。しかし2016年には学校を訪れているので楢崎智亜選手は出身中学である作新学院中等部のことをとても大切に思っているのは間違いないですね。




楢崎智亜の出身高校はどこ?

楢崎智亜選手は「栃木県立宇都宮北高等学校」出身です。スポーツも盛んな学校ではありますが、よくありそうなごく普通の公立の進学校です。

山岳部がスポーツクライミングの国際的な大会や世界大会に出場しているので楢崎智亜選手も山岳部に所属していたのだろう、と思いきや・・・実は、楢崎智亜選手が宇都宮北高の山岳部に所属していたという記録も情報もありませんでした。

山岳部どころかどの部活に入っていたのかも今のところわかりませんでした。部活には入らず学校外だけでスポーツクライミングの練習に励んでいたのかもしれません。

そんな楢崎智亜選手が2019年11月26日には宇都宮北高を訪問しました。

楢崎智亜選手 母校で東京五輪「金メダル」宣言

在校生からの熱い歓迎を受けた楢崎智亜選手は、次に来るときは東京オリンピックでの金メダルを持ってくる、と後輩たちと約束しました。

楢崎智亜の実家はどこ?父親は医者なの?

楢崎智亜選手のご実家はどこにあるのでしょうか。栃木県宇都宮市にあるのはほぼ間違いないでしょうが、いくら調べてもそれ以上くわしい事はわかりませんでした。まあ住所がわかったところでファンの方が殺到してしまう事態になっては本人もご家族もこのサイトも非常に困ってしまいます。

ということで詳しい場所の話題はこの辺にしておきます。メッセージを送りたい場合は楢崎智亜選手のSNSか所属チームにどうぞ。

楢崎智亜選手のご実家が医者をしてるという情報がたくさんあります。「楢崎智亜 父親 医者」でググればそれらしいブログがたくさんヒットしますね。しかし実際のところどうなのでしょう。

間違いないと言い切ってるところもありますが、情報の出所がよくわかりません。「楢崎智亜選手は高校のとき医者を目指してた」という話を根拠にしているブログもありますが、だからって実家が医者だと言ってしまっていいのかと。

というわけでここでは楢崎智亜選手のお父さんが医者なのかどうかはわからないですが、情報をご紹介します。

楢崎智亜選手の父親は内科の開業医です。

楢崎智亜選手は高校卒業後の進路に悩まれていて、父親の家業を継ぐために医学部にいくか進学しないでプロのクライマーとして集中するのか悩んでいたようです。

結果的に、楢崎智亜選手はプロクライマーの道を選びましたが、父親からは「2年以内に成績が出なかったら大学行きなさい」と言われてたようです。そんなこともあってか、楢崎智亜選手はプロ2年目に世界選手権で優勝されてます。なので、大学受験せずプロクライマーの道に没頭できるようになったわけですね。

楢崎智亜がボルダリングを始めたのは何キッカケ?

楢崎智亜選手はずっとスポーツクライミング(ボルダリング)ひとすじ・・・とつい思いこんでしまいそうですが、実は幼稚園のときには「器械体操」を習い初めていました。器械体操というのは鉄棒・平均台・跳び箱・つり輪などの器具を使って行う体操のことで、要はオリンピックなどでよく見る体操競技です。

幼稚園から器械体操を続けていましたが小学4年生でやめてしまい、でも何かスポーツを続けたいと思ったので、そのころ楢崎智亜選手のお兄さんが近所のジムでやっていたスポーツクライミングを始めることになりました。

器械体操を習うことで身につけた空中でのバランス感覚がスポーツクライミングでもとても役に立った、と楢崎智亜選手は語っています。

楢崎智亜の兄弟もイケメンらしい?

楢崎智亜選手はイケメンですが、楢崎智亜選手の兄弟のイケメンという噂です!楢崎智亜選手は3兄弟で兄と弟がいらっしゃいます。楢崎智亜選手がスポーツクライミングを始めたきっかけは、先ほどにもお伝えした通り、兄の影響です。

兄については、情報がありませんでしたが、弟に関しては情報がありました。

弟の名前は楢崎明智さんです。弟の楢崎智亜さんも楢崎智亜選手同様、スポーツクライミングをされています。2016年に開催された「The North face cup」で楢崎智亜選手と楢崎明智さんは対決されましたが、弟の楢崎明智さんが勝ち優勝されています。

弟の楢崎明智さんもかなりの実力者だと言えますね!

楢崎智亜のプロフィール

名前 楢崎 明智(ならさき めいち)
生年月日 1999年5月13日
出身 栃木県宇都宮市
高校 第一学院高宇都宮キャンパス
身長/体重 186cm/60kg

楢崎智亜のトレーニング方法は?筋肉が凄い!

楢崎智亜選手はどんなトレーニングをしているのでしょうか?

アニマルフロー

アニマルフローというトレーニング方法は動物の動きを取り入れたトレーニング方法です。

アニマルフローは様々な筋肉を鍛えることができて、普段鍛えれない筋肉も鍛えることができます。

また、楢崎智亜選手の筋肉もすごいですよね。体脂肪率は2%台だそうで、成人男性の平均が約20%なので成人男性の1/10しか体脂肪がないということですよね。どれだけ鍛えてどんな食生活をすればこんなに体脂肪率が下がるのでしょうか…

楢崎智亜と楢崎正剛は親戚?

サッカー日本代表の楢崎正剛さんはご存知ですか?日本代表でゴールキーパーをされているのですが、珍しい苗字が同じことや顔が少し似ている?とちらほら仰ってる方もいて、もしかして親戚?と思ってる方もいらっしゃうかもしれません。

ですが、お二人は親戚ではありません。苗字が同じだということくらいしか共通点はないのです。

楢崎智亜のこれまでの成績

2019年

IFSC クライミング・世界選手権 2019(C) 優勝
IFSC クライミング・世界選手権 2019(B) 優勝
IFSC クライミング・ワールドカップ 2019 (ボルダリング) ベイル大会 2位
第2回コンバインドジャパンカップ 優勝
IFSC クライミング・ワールドカップ (B,S) 重慶大会 2位/呉江大会 優勝
IFSC クライミング・ワールドカップ 2019(ボルダリング) マイリンゲン大会 2位
第32回 リード・ジャパンカップ 2位
第14回 ボルダリング・ジャパンカップ 2位

2018年

IFSC クライミング・ワールドカップ 2018(リード) ヴィラール大会 3位
第1回コンバインドジャパンカップ 優勝
IFSC クライミング・ワールドカップ 2018(ボルダリング) マイリンゲン大会 2位/モスクワ大会 優勝/八王子大会 2位/ベイル大会 3位
日本選手権リード競技大会 2018 2位
第13回 ボルダリング・ジャパンカップ 3位

2017年

IFSC クライミング・ワールドカップ 2017(リード) 廈門大会 2位/呉江大会 2位
IFSC クライミング・ワールドカップ 2017(ボルダリング) ミュンヘン大会 2位/八王子大会 2位/南京大会 2位/重慶大会 2位
日本選手権リード競技大会 2017 2位

2016年

IFSC クライミング・世界選手権パリ  優勝
IFSC クライミング・ワールドカップ (B) ミュンヘン 優勝
IFSC クライミング・ワールドカップ (B,S) 重慶 優勝

2015年

IFSC クライミング・アジアユース選手権 プトラジャヤ 優勝
全日本クライミングユース選手権ボルダリング競技大会 優勝
クライミング・日本ユース選手権 優勝

楢崎智亜は五輪延期にも前向き?

五輪の延期が正式発表されて、各国のアスリートや日本のアスリートからは様々な声がある中で楢崎智亜選手は前向きな発言をされてました。

オリンピックが延期されることを知り、正直驚きました。しかし、オリンピックの開催がいつになったとしても、自分の目指すものは変わりません。僕たちアスリートにとってオリンピックは大きな目標であり、夢です。1日も早くこの状況が終息する事を願っています。そして世界中のアスリートがフェアな状態で最高の東京オリンピックが開催されることを祈って、今の自分に出来ることを積み重ねていきたいと思います

引用元;Yahoo

楢崎智亜のプロフィール

名 前 楢﨑智亜
(ナラサキのサキは「崎」ではなく正しくは「﨑」と書きます)
生年月日 1996年6月22日
出身地 栃木県宇都宮市
学 歴 栃木県立宇都宮北高等学校
身 長 169cm
体 重 60kg
趣 味 釣り
所 属 TEAM-au
スポンサー KDDI株式会社

まとめ

ということでまとめです。

楢崎智亜選手の出身地は栃木県の宇都宮市。作新学院中等部から栃木県立宇都宮北高校へと進み現在は「TEAM au」所属となっています。ご実家は医者をしているという情報や噂はありますが、実際はわかりません。

幼稚園から器械体操を習っていましたが4年生のときに兄の影響でスポーツクライミングを始めることになりました。そして現在、世界的に活躍する選手となり東京オリンピック日本代表にも内定しています。

オリンピックでどんな活躍を見せてくれるのか期待してもいいと思いますよ!

すぽぶろ!