ゴルフ

今平周吾の家族構成は?兄弟両親なども詳しく

今平周吾 家族

今回ご紹介するのは2018年と2019年2年連続賞金王に輝き、今後の活躍を最も期待されているゴルファーの今平周吾選手です。今平周吾選手の家族構成や実家の所在など日本男子ゴルフのトッププレイヤーはどのような家庭で育ったのでしょうか?

今平周吾の家族構成は?

今平周吾選手の家族構成は父親、母親、姉の4人家族です。

父親は博康さん、母親は正美さんとおっしゃって、今でも送迎や大会会場に足を運んだりと今平周吾選手のサポートをしてくれているそうです。

今平周吾選手がゴルフをはじめたのもご両親の影響で、ご両親の共通の趣味がゴルフで今平周吾選手が幼稚園生のころからゴルフ場に連れて行ってもらっていました。

小学校3年生のころ本格的にゴルフを始めて、そのころは学校の放課後も、休日もゲームをするよりもゴルフが楽しかった今平周吾選手は毎日練習場に通い詰めたといいます。休日は朝8時から夜の6時まで練習し、自宅に帰ってからもパターやアプローチの練習を毎日していて正にゴルフ少年でした。

その練習の毎日の送り迎えもご両親がしていたそうで、今平周吾選手が高校生のときプロを意識し始め渡米したいことをご両親に話したときも反対するどころか、ゴルフに集中できる環境を探してくれたそうです。

残念ながらお姉さんについての情報は得られませんでしたが、家族旅行にでかけたりととても仲の良い家族のようですね。

家族の支えがあったからこそ今の今平周吾選手があることがわかります。

今では誰もが認めるトッププレイヤーとなり、ご家族もとても誇らしくおもっていることでしょう。

実家がお金持ち?

2年連続賞金王に輝く今平周吾選手、ご自身は今もちろんのことお金持ちでありますが実家もお金持ちだという噂があります。

なぜこのような噂がでたのでしょうか?

ゴルフはお金のかかるスポーツとしても有名ですよね。今平周吾選手が本格的にゴルフにを始めたのは9歳のころですが、実際には幼稚園生の頃から近所の「日高プラスワン」というゴルフの練習場に毎日のように通っていたといいます。

今では賞金王になるまでのトッププレイヤーとなった今平周吾選手ですが、アマチュアやプロかけ出しの選手は遠征費やキャディー代、宿泊費など大会に出場するだけで莫大な費用がかかります。中にはそれらの費用を捻出できないが故に大会出場やゴルフ人生を諦めた方もいるほど。

今平周吾選手の父親の職業や年収など詳しいことは確認できませんでしたが、今平周吾選手の才能を見出しサポートし続けることができたのはやはり家族のおかげで実家はお金持ちで裕福な家庭であったことが推測できますね。

また、幼い頃から「日高プラスワン」に通っていたことから埼玉県入間市出身の今平周吾選手の実家は入間市の北部にあることがわかります。

今平周吾の年俸はいくつ?

前述した通り今平周吾選手は賞金王の常連で今最も注目されるゴルフ選手です。そこで気になるのが今平周吾選手の年俸ですよね。

一般人の私からは想像もつかないような金額がでできそうですね。。。(ドキドキ)

とても残念ですが今平周吾選手の正確な年俸は確認できませんでした。しかし、大会での賞金に加えスポンサー料が入ってくるので間違いなくかなりの年俸があるはずです。

かの石川遼選手の年俸は10億円近くあるそうで、今平周吾選手の活躍をみていると同じくらいの年俸があってもおかしくないかもしれません。

ただ近年ゴルフの大会では石川遼選手の輝かしい目立った活躍は残念ながらありませんが今でも多くのスポンサーがついているので、もしかしたら2021年現在はまだ石川遼選手の年俸の方が高いかもしれませんね。

今平周吾選手は今最も注目される選手ですので、今後巨額のスポンサー契約が交わされることも夢ではありません!

プロゴルフ選手になることはもちろんトップ選手として活躍することができるのはほんのわずかの本当に狭き門です。その中で常に冷静で安定した成績を残し続けることはさらに難しいのです。

今平周吾選手の弛まぬ努力と精神力を持ってこそこの年棒が手にできます。今後もまだまだ伸びていきそうな今平選手の年棒と活躍は見逃せません!

今平周吾にはどんなスポンサーがついてる?

スポーツ選手はスポンサーがつくことで収入とサポートを得ることができます。今平周吾選手にはどんなスポンサーがついているのでしょうか?

  • アンパスィ(And per se) 
  • アルコニックス
  • ヤマハ
  • オメガ

現在はこの4社が今平周吾選手のスポンサーとしてついています。

日本ゴルフ界で驚愕のスポンサー契約をしたのは石川遼選手です。ピーク時はスポンサー契約料だけで20億円を超えていたといいます。信じられない金額ですよね、、、

今平周吾選手には石川遼選手ほどのインパクトはありませんが、近年の安定した活躍と史上最年少での2年連続賞金王を果たしたことで注目と人気を着実に集めている今平周吾選手ですから今後大きなスポンサーからの契約が出てくるかもしれませんね。

今平周吾出身高校はどこ?

今平周吾選手はジュニア時代から圧倒的な強さを魅せてきました。中学卒業後は今平周吾選手の地元・埼玉県の埼玉栄高校に進学しています。高校1年時には男子ゴルフ世界ランク最高位2位の松山英樹選手を破ったことでも有名ですね。

ゴルフに集中するために埼玉栄高校を中退、アメリカ・フロリダ州に渡米しIMGアカデミーに留学しています。その結果全米ジュニアゴルフ選手権でベスト8入りを果たしました。

当時のことをあるバラエティ番組で「勉強が苦手だったから、楽しめるゴルフをしていたかった」と語っています。なんとも今平周吾選手らしいマイペースな回答です(笑)

2年間の留学を経て日本へ帰国後プロへ転向しました。

公式プロフィールの出身高校は「創学舎高校」となっていますが、調べてみると通信制の高校のようで、おそらく高校を中退した今平周吾選手は高校卒業資格を得るために通信制の創学舎高校に通い卒業したようですね。

今平周吾の身長体重はいくつ?

今平周吾選手はゴルフ界で「小さな巨人」と呼ばれることがあります。

そうなんです。実は今平周吾選手は165cm、体重64kgととても小柄な選手なんです。小中学生のころはもちろんのこと現在より小さく学校で背の順で並ぶ時は大体前から3番目。中学生のころすでにその才能を発揮して数々のタイトルを手にしてきた今平周吾選手でしたが、当時は小さく小柄なことを理由にプロになることは無理だと感じていたと言います。

しかしゴルフは他のスポーツに比べ、体が大きくなくてもアプローチやパターなどの技術のうまさがあればスコアで勝てるスポーツであることに気付き本格的にプロへの挑戦を意識しはじめたそうです。

その後自身のスタイルを確立し、小柄なことをハンデとまったく感じさせない堂々としたプレーと驚異的な精神力で安定した活躍を続けていることはみなさんご存知のことかと思います。

身長が低いことをコンプレックスに感じている男性も多いでしょうが、今平周吾選手の活躍はそんな男性時に勇気を与えていることでしょう。

 

今平周吾のプロフィール

名前 今平周吾(イマヒラ・シュウゴ)
生年月日 1992年10月2日
出身地 埼玉県入間市
学歴 東京国際大学 卒業
身長 165cm
体重 64kg
趣味 音楽鑑賞
所属 フリー
スポンサー アンパスィ、ヤマハ、オメガ、アルコニックス
  • 2006年、2007年 関東ジュニアゴルフ選手権 2年連続優勝
  • 2008年 日本ジュニアゴルフ選手権競技 松山英樹を破り優勝
  • 2009年 全米ジュニアゴルフ選手権 ベスト8
  • 2011年 プロ転向
  • 2014年 チャレンジトーナメント 初優勝、年間賞金王獲得
  • 2015年 レギュラーツアーフル参戦 ベスト10、2015年GTPAルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出
  • 2017年 関西オープンゴルフ選手権競技初優勝
  • 2018年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント 優勝、年間賞金王獲得

 

まとめ

  • 父、母、姉の4人家族
  • 実家は裕福な家庭だった
  • 埼玉栄高校を中退し渡米留学後、通信制の創学舎高校卒業
  • 身長165cm、体重64kgと小柄な選手

2021年現在世界へチャレンジを続けている今平周吾選手、今年こそはマスターズで上位を狙って行ってほしいですね!今後の活躍にも期待大です!