スポーツ

西純也プロフィールと経歴!親戚や父親兄弟・家族を調査

西純矢 経歴

2019年プロ野球ドラフト会議で、高校生ながらも阪神タイガースから1位指名を受けた西純矢選手。高校時代には、気迫のこもった投球やパフォーマンスが有名でしたね。

今回は、そんな西純矢のプロフィールと経歴、父親をはじめとする家族、親戚のことについてまとめてみました。

西純也のプロフィールと経歴は?身長や体重も!

西純矢選手は、184センチ、88キロ。右投げ右打ちの投手です。また、最速は154キロ。遠投120メートル。50メートル走5秒9であり、とんでもない能力の持ち主であることがわかりますね。まだまだ、若いですから、今後はどれくらい成長するのか非常に楽しみですね。

そんな西純矢選手は、広島県出身です。物心がついた時から広島カープファンで、好きな選手は前田健太選手(現・ロサンゼルス・ドジャース 投手)。前田健太選手は、広島カープから大リーグに行った名投手です。

そんな西純矢選手が、広島市立鈴が峰小学校2年生の時に、「鈴が峰レッズ」というスポーツ少年団の野球チームに入団し野球を始めました。

その後、廿日市市立阿品台中学に進学し、「ヤングひろしま」に所属します。「ヤングひろしま」というのは、広島市東区を拠点とする、少年硬式野球クラブチームです。ホームページによると、「ヤングひろしま」は、野球少年たちが中学生活でしっかり野球に打ち込めるよう学業と野球の文武両道を目指して活動しているとのことです。

全国大会にも出場する強豪チームで、高校野球の強豪校へ進学する少年たちを多数輩出しております。西純矢選手もこのチームでメキメキと実力をつけ、中学3年時にはジュニア・オールジャパン、通称「NOMOジャパン」に選出されました。

この当時の最高球速は、143キロだったそうで、さらに「NOMOジャパン」ではフォークボールを教えてもらい、なんと2日で習得してしまったそうです。中学生とは思えない恐ろしく将来有望な逸材だったことが窺えますね。

その後、関東の野球強豪校から多数のスカウトを受けたそうですが、西純矢選手は地元広島から近い岡山県の創志学園に進学します。

創志学園は最近耳にすることも多くなりましたが、それもそのはず、ベネッセコーポレーション系列の学校法人ベル学園が運営するベル学園高等学校という家庭・看護・福祉系の共学校が前身であり、2010年より同名で運営されている私立の男女共学校です。元々、ベル学園は1884年に設立された私塾の裁縫所がルーツにあるため、かなりの伝統校という側面もありますね。

そんな創志学園には、体育コースがあり、創部から9年経っていないにも関わらず、5度の甲子園出場を果たしている強豪校です。西純矢選手が進学を決めたのもうなずくことができますね。

創志学園高校では1年春からベンチ入りし、2年春からエースとして活躍します。2年夏には、チームを甲子園大会出場へ導き。甲子園では、創成館との初戦で16奪三振の完封勝利を挙げ注目を集めるも2回戦で敗退。

3年時は、春夏ともに残念ながら甲子園への出場することはできませんでしたが、一方でU-18代表に選出され、投手としてチーム最多の4試合・13回1/3の登板で防御率1.35の成績を残しました。

また、打者としても大会の本塁打王を獲得する活躍を見せ、西純矢選手の能力をアピールする絶好の機会となりました。

そして、西純矢選手の進路が注目された2019年NPBドラフト会議。阪神タイガースから1位の指名を受け、晴れてプロ野球選手の一員となりました。阪神タイガースは、メディアやファンからの注目の高い人気球団ですから、今後西純矢選手を見かける機会が多くなることは間違いありませんね。

西純矢の家族は?父親は他界?

西純矢選手は、野球の道へ導いた父雅和さん、母美江さんのご長男です。しかしながら、雅和さんは、2017年に45歳の若さで他界されました。西純矢選手が高校1年生の時、試合の応援に訪れた帰りに倒れて、そのまま急逝されました。

西純矢選手が有名になったのは、高校2年生の夏に出場した甲子園大会のガッツポーズだったことを覚えていらっしゃる方が多いと思いますが、これは実は「天国の父へ向けて」という意味合いを込めていました。そのため、打者を打ち取る度に派手なガッツポーズを繰り返していたのです。

しかしながら、これが物議を醸し高野連から注意を受けるはめになってしまいます。次の試合の下関国際との2回戦では、球審から直接「必要以上のガッツポーズをしないように」と注意を受け、その結果西純矢選手は自分のペースを乱してしまい、9回5失点と崩れチームも敗戦してしまいました。

奇しくも、この2回戦当日は亡き父雅和さんの誕生日だったそうです。何とも言えない気持ちになってしまいますね。

西純矢に兄弟はいるの?

西純矢選手には、凌矢さんという名前の弟がいらっしゃいます。弟の凌矢さんは、2004年度の生まれで、西純矢選手と同じく、野球をしています。

凌矢さんは、「広島ボーイズ」というチームに所属しており、投打でチームを牽引しているそうです。凌矢さんは、当チームでエースを務めているだけでなく、打っても3番打者として主軸を担っています。

そんな凌矢さんについて、西純矢選手がコメントすることは多くありませんが、西純矢選手が阪神タイガースと仮契約をした際の会見で、契約金の使い道を聞かれた時に「弟が高校に入学するので、家族に使えたらいいかなと思います」と話していました。とっても仲の良いご兄弟・ご家族なのでしょうね!

西純矢と西勇輝は親戚同士なの?

西純矢選手は、西勇輝選手と親戚です。西純矢選手の父方、西勇輝選手の父方の曽祖父が兄弟とのこと。

西勇樹選手は2009年からオリックス・バッファローズで投手として活躍されていましたが、西純矢選手が阪神タイガースに入団することを待っていたかのように、2019年から西勇輝選手は阪神タイガースに所属しております。

西純矢選手、西勇輝選手の継投リレーを見ることができる日も遠くはなさそうですね。

西純矢の球種は多いの?球速は?

西純矢選手の球種は、最速154キロのストレートの他、変化球はスライダー、フォーク、カーブ、チェンジアップ、スプリットがあります。

西純矢選手の自慢の変化球は「スライダー」です。西純矢選手の好きな野球選手は前述したとおり、前田健太選手。前田健太選手の代名詞はスライダーであり、憧れの選手に近づきたいという想いから、最初に取り組み始めた変化球がスライダーだったそうです。

ちなみに、前田健太選手のマエケン体操はたまに高校の公式戦のとき、ベンチ裏でウォーミングアップ時に取り入れていたそうです。阪神タイガースでは、さすがにマエケン体操は難しいかもしれませんね。

西純矢に彼女の噂はあるの?結婚の予定は?

ネットで調べた限りでは、西純矢選手に彼女がいるという噂はありませんでした。また結婚するという噂もありませんでした。

阪神タイガースとの仮契約時の会見では、「お父さんが亡くなってからの2年間は、お母さんは大変だったと思っている。今度は自分がお母さんを助けるというか、お母さんを支えていきたい」と語っていることから、もう少し先の話かもしれませんね。

ただ、今後は阪神タイガースという人気球団に所属することになり、注目度も高いことから、彼女や結婚の噂が出れば、即ニュースになることでしょう。

西純矢のプロフィール

名 前 西純矢
生年月日 2001年9月13日
身長・体重 184cm・85kg
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2019年 ドラフト1巡目

高校2年夏の甲子園1回戦での16奪三振の快投で注目を浴びる。この時の自らを鼓舞する闘志あふれる投球スタイルで話題をさらうも、派手なガッツポーズを注意され封印。

メンタル面を成長させ、最速154キロのストレート、スライダー、カーブを武器に高校BIG4の一角として活躍。

2019年ドラフト1位で阪神タイガースに入団。

まとめ

西純矢選手のプロフィールと経歴、父親をはじめとする家族、親戚のことについて調べてみましたが、公私ともに非常に魅力的な選手であることがわかりました。

阪神タイガースの中心選手として今後のご活躍が期待される西純矢選手。健康には気を付けて、一刻も早くその闘志あふれる姿を球場で見せて欲しいですね。

すぽぶろ!