スポーツ

高橋宏斗(中京大中京)出身中学はどこ?経歴と中学時代の活躍を調査

高橋宏斗 中学

2020年春の高校野球選抜大会の出場が確実視されている、中京大中京のエースの高橋宏斗選手は昨年夏の愛知県予選では、ベスト4とチームとしては振いませんでした。

しかし2年生ながら150㎞に迫る剛速球で一躍注目を浴び、2020年のドラフトの注目選手になると目されていますよ。

そこで今回はそんな高橋宏斗選手の出身中学や、家族、そして彼女がいるかどうかについてもご紹介していきたいと思います!

高橋宏斗(中京大中京)の出身中学はどこ?野球部だった?

まずは気になる高橋宏斗選手の出身中学からご紹介しますね。高橋宏斗選手の出身中学は、愛知県の尾張旭市立東中学校です! 今は越境入学する球児も多いですが、高橋宏斗選手は地元愛知の高校に入学されたのですね。

ただし東中学校では野球部には所属せず、硬式の豊田シニアに在籍していました。強豪チームの豊田シニアは、2016年と2017年に全国大会にも出場しています。

しかも2017年のリトルシニア全日本選手権では、チームは3回戦まで進み、更に高橋宏斗選手は最優秀選手にも選ばれる程も大活躍でした。決勝まで進んだ選手を差し置いて、最優秀選手に選ばれてしまうのですから、高橋宏斗選手が飛びぬけて優秀だといえますね。

高橋宏斗(中京大中京)の出身小学校は?

中学ではリトルシニアで活躍した高橋宏斗選手の出身中学は、尾張旭市立東中学校でしたので、小学校も地元の尾張旭市立三郷小学校に通っていました。そして2年生の時から三郷ファイターズで野球を始めています。

今では180cm以上の長身から繰り出す剛速球が持ち味ですが、当時は小柄で2塁手または遊撃手を務めていました。そして6年生の時にはドラゴンズジュニアに選ばれていますよ!

※ドラゴンズジュニアとは?
東海4県(愛知・岐阜・静岡・三重)に在住の小学6年生で、1次選考(書類審査)を合格した後に2次選考(塁間ダッシュ・キャッチボール・守備)を受けて合格後の3次選考(ゲーム形式)にて選考されます。

そもそも1次選考を受けられるのも、各チーム1名ですから、応募するだけでもチームから選ばれた選手という事になりますね!かなりの難関といえそうです。

そして同じチームには、中京大中京でチームメイトとなる印出太一選手がいましたが、印出太一選手は、当時の高橋宏斗選手について、「やんちゃな奴でしたね。今と比べると身体が小さく、投手をやるイメージはなかったですね」と語っていました。

髙橋選手の打順とポジションは2番でショート。守備力が高かった事が伺えます。野手としても一流だったなんて、本当に野球センスがある選手ですよね。

そんな高橋宏斗選手が投手に転向したのは中学時代です。




高橋宏斗(中京大中京)の高校での成績は?

高橋宏斗選手の高校での成績ですが、1年秋の大会では高橋宏斗選手の高校での成績ですが、1年秋の大会ではなんと、146㎞を記録しています! 1年生で146㎞…凄すぎますよね…

2019年夏の愛知県大会の準決勝では、前年の愛知県代表校である愛三大三河を相手に6安打完封で勝利しています。2年生ながら大活躍をみせて、一気に注目を浴びました。

そして秋の高校野球神宮大会では見事な全国優勝を果たします。
こちらは2019年明治神宮大会の決勝の健大高崎戦です↓

実は私は秋の高校野球の関東大会で健大高崎が優勝した試合をスタンドで観戦しているのですが、打線が凄かったです。その健大高崎に対して無安打ピッチングとは…素晴らしいピッチングですよね。

高橋宏斗(中京大中京)の家族は?彼女はいる?

小さな頃から野球三昧だった高橋宏斗選手ですが、野球に打ち込むには家族の協力が不可欠だったと想像できますね。そんな高橋宏斗選手の家族構成を調査しました。

まずご両親の情報は出てこなかったのですが、兄は怜介さんで、現在は慶応大学の野球部に在籍しています。怜介さんも豊田シニア出身で、慶應義塾高校を卒業していますね。

兄弟揃って小さな頃から野球で活躍していますので、お父さんが野球経験者だった可能性があります。これだけ活躍されて、仕事どころではなかったでしょうね。

そして高橋宏斗選手の彼女ですが…情報を見つける事が出来ませんでした。実は男女交際を禁じている強豪校も多く、もし彼女がいたとしても、周囲には内緒にしているという事もあり得ますね!

これだけの強豪校のエースですから、モテないはずはないでしょうからね。ただ、野球一筋でそれどころじゃないという事もあり得ますが、今年の夏の大会が終わるまでは練習に明け暮れるのは確かでしょう。

高橋宏斗(中京大中京)の球速や球種は?

ドラフト注目の高橋宏斗選手は、2019年秋の大会で148㎞を記録したストレートと、縦に大きく曲がるスライダーやスプリット、そして2シームの変化球があります。剛速球だけでも手に負えないのに、変化球で緩急まで付けられたら、なかなか打ち崩せないですよね。

更に高校1年の冬には1日200~300球もの投げ込みを週に2~3回もしていたので、スタミナもあります。欠点が見つからないので、打者泣かせです。春のセンバツでは、高橋宏斗選手の球種と球速を楽しみにしたいですね。

高橋宏斗(中京大中京)のプロフィール

それでは最後に高橋宏斗選手のプロフィールをご紹介

名 前 高橋宏斗(たかはしひろと)
生年月日 2002年8月19日
出身地 愛知県尾張旭市
学 歴 尾張旭市立三郷小学校 尾張旭市立東中学校 中京大中京高校
身長・体重 184cm・75kg
投打・ポジション 右投右打・投手

小学生の頃は小柄ですが、現在は184cmと恵まれた体格から繰り出す剛速球が持ち味です。何を食べてどんな生活をしたらそんなに大きくなれるのかも気になりますね!

高橋宏斗(中京大中京)出身中学はどこ?経歴と中学時代の活躍を調査まとめ

今回は高橋宏斗(中京大中京)出身中学はどこ?経歴と中学時代の活躍を調査についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

中京大中京のエースの高橋宏斗選手は、2019年秋の神宮大会で優勝し、148㎞を記録した剛速球で注目を集めています。ただ小学生時代は小柄な内野手で、投手ではありませんでした。守備力もあり、ドラゴンズジュニアにも選ばれて活躍しています。

春のセンバツへの出場は確実と言われていますので、150㎞を超えるかどうかについても注目が集まりそうですね。楽しみにしたいです!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

すぽぶろ!