スポーツ

来田涼斗(明石商)出身中学と中学時代の活躍が凄い?身長体重を調査

来田涼斗 中学

2019年春のセンバツ大会でベスト4入りを果たし、強豪チームとして名を連ねる明石商業高校。その中でも、バッティングでチームを支える来田涼斗選手は、2020年のプロ野球ドラフトでも注目されている選手の1人です。

来田涼斗選手はどのような選手なのでしょう。来田涼斗選手の出身中学や身長・体重、強さの秘密、兄弟についても調べましたので紹介します。

来田涼斗(明石商)の出身中学は?高校からの勧誘がすごかった噂は本当?

来田涼斗選手は、現在、明石商業高校に通っていますが、中学での活躍はどうだったのでしょう。来田涼斗選手の出身中学や高校からの勧誘がすごかったことについても紹介します。

来田涼斗選手は神戸市立長坂中学出身です。中学の野球部ではなく、シニアの神戸ドラゴンズに所属していました。神戸ドラゴンズで外野手として活躍し、中学2年生で全国制覇も経験しています。

来田涼斗選手は、憧れでもある柳田悠岐選手の動画を見つつ練習されてと言ってます。そのおかげもあってか練習での打率は5割もありました。

中学から打撃センス抜群だったことを評価され、高校からの勧誘は、全国大会出場の常連校でもある大阪桐蔭高等学校や履正社高校も含む約50校から誘いを受けたそうです。来田涼斗選手の中学からの活躍が高校の強豪チームのスカウトの目に止まっていたことがわかります。

進学した明石商業高校でも活躍していますので、プロ野球のスカウトの目にも止まっていることに違いありません。

来田涼斗(明石商)の強さの秘訣は?身長や体重も紹介

来田涼斗選手は、バッターとして一流の選手と言われていますが、強さの秘密はどこにあるのでしょう。身長や体重も含めて紹介します。

来田涼斗選手の強さは、強肩・足の速さ・安定したバッティングです。強肩は、遠投100mでありながら正確なコントロールを持つ選手であることです。

足の速さにも定評があり、50m5.9秒という記録を持っています。この記録は1年次にたたき出されたものですので、現在はもっと早いかもしれません。

最後に安定したバッティングですが、甲子園で通算3割台という安定した成績を残しています。それに加え、勝負強さも光ります。来田涼斗選手が高校に入学時、明石商業高校の野球部員はなんと120人を超えていましたが、1年生より1番センターで先発出場しています。この部員数で先発ですので、実力を評価されたことになります。

来田涼斗選手は身長179㎝、体重83㎏です。明石商業高校に入学当時は体重が76㎏でしたが、体重を増やし、安定感を求めています。その成果が今の活躍ですので、体重の増量は成功でしょう。来田涼斗選手の好調はこの身体作りにあるかもしれません。




来田涼斗(明石商)の兄弟は野球選手?兄弟について調査

来田涼斗選手の兄弟は野球選手という噂は本当でしょうか。来田涼斗選手の兄弟について紹介します。

来田涼斗選手には、渉悟さんという3つ年上の兄がいます。渉悟さんも野球をやっていますので紹介します。

名 前 来田渉悟(きたしょうご)
生年月日 1999年生まれ
所 属 明石ボーイズ(中学)・明石商業高等学校・日本体育大学在学中
ポジション 内野手

来田涼斗選手の兄は野球選手で、同じく明石商業高校出身です。小学校時代、明舞ネオボーイズで野球を始め、現在は、日本体育大学の野球部に所属しています。

ポジションは、内野手と来田涼斗選手と異なりますが、来田涼斗選手は中学1年まで同じポジションでした。

来田涼斗選手が野球を始めたのは、小学1年生の時です。兄である渉悟さんと同じ時期に野球を始めていますので、兄の姿に憧れて野球を始めたようです。

来田涼斗(明石商)の兄弟仲は?明石商業に進学した理由は兄の影響?

来田涼斗選手には3歳上のお兄さんがいることは分かりましたが、来田涼斗選手との兄弟仲はどうなのでしょうか。明石商業高校に進学した理由は兄の影響もあるとのことですので、そのエピソードを含めて紹介します。

兄である渉悟さんの出身高校は、来田涼斗選手と同じ明石商業高校です。明石商業高校野球部は、強豪チームであるもののこれまでに春の選抜が1回、夏の甲子園が1回と甲子園には恵まれないチームでした。

渉悟さんが明石商業高校の野球部だった時期も、あと1歩のところで甲子園を逃しました。そんな兄の姿を見て来田涼斗選手は、「兄の雪辱を果たすために明石商業高校へ行く」と決めたそうです。兄の雪辱のために高校を決めたという素敵な話です。

また、来田涼斗選手は兄を尊敬しており、兄に野球をしている姿を見られるのは嬉しいと語っています。兄も野球を続けているので、いずれ兄弟でプロ野球選手という可能性も考えられますね。

来田涼斗(明石商)は、記録保持者?史上初めての記録とは

来田涼斗選手は高校野球の中でも史上初めての記録を持っています。その記録とはどんなものなのでしょうか。紹介します。

来田涼斗選手は2019年3月に開催された第91回選抜高校野球大会の準々決勝で1試合2本塁打を記録しています。1試合2本塁打の記録は、これまでに24人いますが、この24人の中には元読売ジャイアンツの桑田真澄さんや日本ハムファイターズの中田翔選手など数々の名選手がいます。そして、この2本塁打の内容が史上初の記録なのです。

来田涼斗選手が1試合2本塁打の内訳は、1本目が先頭打者ホームラン、2本目がサヨナラホームランです。この記録は、史上初めての記録です。史上初めての記録を持ち、3年生になります。今後も来田涼斗選手の数々の記録に期待が集まります。

来田涼斗(明石商)の家族構成は?

来田涼斗選手の家族構成は

  • 父親
  • 母親
  • 来田渉悟さん(兄)
  • 来田涼斗選手

の、4人家族です。来田涼斗選手の兄に関しては先ほど紹介させていただいたので割愛させていただきます。

来田涼斗選手の父親と母親に関してですが、情報は何もありませんでした。

まだ、来田涼斗選手は高校生ですし父親と母親の情報はなくても仕方ありませんね。来田涼斗選手がこれからどんどん活躍されて取材回数も増えてプロなんかになったときには新たな情報が出てくるかもしれませんね。

来田涼斗(明石商)のプロフィール

名 前 来田涼斗(きた りょうと)
生年月日 2002年10月16日
出身地 兵庫県神戸市
学 歴 神戸市立長坂中学校 明石市立明石商業高等学校
身 長 179cm
体 重 83kg
ポジション 外野手

3歳年上の兄の影響で小学校1年生から野球を始め、中学時代にはオリックスバファローズのシニアである神戸ドラゴンズで活躍しています。

もともと内野手(ショート)でしたが、中学2年から外野手(センター)にコンバートし、強肩・走塁・打撃に優れた選手です。

来田涼斗(明石商)出身中学と中学時代の活躍が凄い?身長体重を調査まとめ

来田涼斗選手は、小学1年生より野球を始め、神戸市立長坂中学校出身です。中学時代、シニアの神戸ドラゴンズに所属し、2年次には全国大会優勝も経験しています。

身長179㎝、体重83㎏と学年を重ねるごとにパワーヒッターとして安定した活躍をしています。3年生になり、甲子園での活躍、来田涼斗選手の夢でもある「高校ドラフト1位」の座を掴んでほしいものです。

すぽぶろ!