スポーツ

荒木彩花(バレー)進路決定した?大学出身中学と身長体重を調査

荒木彩花 進路

1月12日に第72回全日本バレーボール高等学校選手権(春高バレー)の女子決勝が行われ東九州龍谷と古川学園が対戦、チームの主将である荒木彩花選手の活躍もあり、東九州龍谷がストレート勝ちで8大会ぶり7度目の優勝を飾りました。

優秀選手賞を受賞した荒木彩花選手の卒業後の進路が、実業団に行くのか大学に進学するのかと話題になっています。

今回は荒木彩花選手の進路や出身中学校、身長体重などについて紹介していきたいと思います。

荒木彩花(バレー)の進路が決定?大学進学か、それともVリーグ入り?

優勝と言う最高の形で高校バレーの幕を閉じた荒木彩花選手は、高校卒業後は大学に進学せず実業団チームでプレーします。

1月24日にバレーボール女子・V1リーグの久光製薬スプリングスは、2020年度の入部内定選手として荒木彩花選手の新加入が決定した事と、2月下旬からチームに合流する予定を発表しました。

久光製薬スプリングスは目標だった3連覇を逃し、巻き返しを図るチームにする為に、高身長とパワフルなスパイクが特徴のミドルブロッカーである荒木彩花選手を補強します。久光製薬スプリングスは、東京五輪の代表候補選手を多数在籍しており、東九州龍谷高出身の選手も在籍しています。

「全日本を目指したい。自分からアピールするのではなく、代表に呼びたくなる選手になりたい」と「大型新人」の荒木彩花選手は更なる飛躍を決断しました。

荒木彩花(バレー)は中学時代から逸材だった!出身中学はどこ?

将来、全日本での活躍が期待される程の逸材である荒木彩花選手ですが、水泳を1年程度習っていただけでスポーツとの関わりは無く「両親がバレーをしていたので体験入部してみた」との理由で大野城市立大利中学校に入学してからバレーボールを始めました。

この体験入部が荒木彩花選手の才能を開花させる事になるのです。中学2年生で福岡県選抜メンバーに選ばれ、全国都道府県対抗中学生大会に出場した荒木彩花選は、木村沙織選手が受賞したオリンピック有望選手賞と最優秀賞を受賞しています。

2016年中学3年生の時に全日本中学バレーボール強化合宿に召集され、荒木彩花選手はU-18のアジアユースに選ばれて、アジアユース女子バレーボール選手権大会に出場し優勝を果たしています。

大野城市立大利中学校を卒業した後、鳴り物入りで大分県中津市の東九州龍谷高校に進学した荒木彩花選手は、大野木市・井本宗司市長から市特別表彰を受けています。




荒木彩花(バレー)の身長・体重は?

荒木彩花選手の現在の身長は184cmで、体重は78kgです。荒木彩花選手は中学1年生の時に既に171cmあり、中学2年生になると180cmを超えたと言う恵まれた身長をしていたようです。

彩花と言う名前について「大きな体とのギャップがあり過ぎると皆から言われる」と照れていました。

荒木彩花選手は、最高到達点が同じチームの中川美柚選手に次いで2番目に高い306㎝で「高さ」と「強さ」を武器にしたミドルブロッカーです。

長身を生かしたブロックは「東龍の壁」と呼ばれ、東九州龍谷高校の伝統「高速コンビバレー」の中心となり、チームを春高バレー優勝に導きました。

荒木彩花(バレー)と日本代表のあの選手は従姉妹なの?

荒木彩花選手は身長184cmの大型センターである為、苗字が同じ事から「最強ブロッカー」と呼ばれる身長186 cmの女子日本代表・荒木絵里香選手(トヨタ車体クインシーズ所属)と従姉妹関係にあるとの噂が出ました。

インタビューを受けた荒木彩花選手は「従姉妹ですか?と聞かれたことはありますが、血縁関係はありません」と答えていました。

荒木絵里香選手と面識は無くても姿を見た事はあるようで「(従姉妹の話題で)注目される事は有難いし、光栄です。手の動かし方や移動する時の反応の早さなど荒木さんのブロックを動画サイトで研究しています」と自身のモチベーションにしているようです。

荒木彩花(バレー)の最後の春高レポート!インタビューを紹介します

2020年春の高校バレーで8年ぶり7度目の優勝を飾った東九州龍谷ですが、昨年3月に長年チームを率いた相原昇監督の退任が決まり、竹内誠二コーチが新監督になりました。

竹内誠二監督は「これまでやってきたバレーを継続する。何も変える必要はない」と言い、選手達は自分のプレーに集中することを心がけたそうです。バレーの名門、レッドドラゴンと言われる東九州龍谷と古川学園の対戦は、東の伝統か西の伝説かと言われ注目されました。

優勝が決まった瞬間、荒木彩花選手はチームメイトに胴上げされて宙を舞い「3年連続で負けるわけにはいかなかった。仲間を信じて頑張った、最高のチームです。みんなで勝ち取った日本一」と語りました。

竹内誠二監督は荒木彩花選手の事を「普段は温厚で凄く優しい子。日本一になる為に嫌われ役をかってくれた。自分達でやれるチームを作ってくれた。主将を中心にまとまってくれた。最高のバレー、感謝しかないです」と褒め称えていました。

優勝後のインタビューで荒木彩花選手は

「今回の春高は3度目の正直で日本一になる事が出来て。誰が凄いとかそういう事ではなく、全員で勝ち取った日本一だと思うので、今は凄い嬉しいって言う気持ちがあります。相原監督が退任になり、選手達も戸惑いはありましたけど、竹内監督も凄い皆の事をしっかり考えてくれて、どうすれば良くなるのか環境作りを全力でやって下さったので、竹内監督の為にも日本一になって、監督賞をプレゼントしたいねと言う話をしていたので、それが実現出来て凄い良かったです。今回良い形で日本一を経験する事が出来たので、応援して下さっている保護者の皆様、学校関係者、後援会の方々に感謝の気持ちを忘れずに、春高でも1試合1試合全力を注げたので凄い良い結果になりました。胸を張って大分に帰れます」

とコメントしました。

1月20日には東九州龍谷高等学校女子バレーボール部が市役所を訪れ、優勝報告会及び市民栄誉賞の表彰を受けました。

荒木彩花選手は

「本日はお忙しい中この様な会を開いて頂き有難うございます。私達は1月5日から行われた春高に出場し、日本一を獲る事が出来ました。奥塚市長はじめ大分県の皆さんの応援のお陰でもあります。この経験をここで終わらせるのではなく、3年生は次の目標に向けて、2年生、1年生は今月には新人戦があるのでその試合に生かして貰いたいと思います。応援有難うございました」

と挨拶しました。

市民栄誉賞を受賞した東九州龍谷高等学校女子バレーボール部に奥塚市長から「東龍の皆さん日本一おめでとう!皆さんの活躍が中津市民に元気と勇気を与えてくれました。自分達のやってきたことを信じて最後まで戦い抜いた成果だと思います。中津市民を代表してお祝いの言葉を申し上げます。本当におめでとう!」とお祝いの言葉がありました。

インターハイ、国体と合わせて19回目の全国制覇を成し遂げた東九州龍谷高等学校バレーボール部の歴史に新しい1ページが加わった1日でした。

荒木彩花(バレー)の憧れの選手とは中学時代からの付き合い!

荒木彩花選手が憧れている選手は、V.LEAGUE久光製薬スプリングス所属の平山詩嫣(しおん)選手です。

荒木彩花選手と平山詩嫣選手が出会ったのは、中学時代に福岡県選抜メンバーに選ばれた時です。

平山詩嫣選手は

「それまでは存在も知らなかったんです。私が中学3年生の時の県選抜のトライアウトで、私より大きな選手がいる!って驚いたくらい。しかも聞いたら、2年生で。身長の順番で並んだら、絶対に前にいるんですよ。ただ、そういう時に声を出すのは、一番背の高い人みたいな決まりがあって。その頃はまだ、あやかも何も分からずにいたので、私からちょっと声をかけたりしたのが始まりですね」

と荒木彩花選手との出会いについて語っています。

荒木彩花選手は平山詩嫣選手の後を追って、東九州龍谷に進学し、女子バレー部の部員と共に寮生活に入りました。

同じミドルブロッカーとして試合では平山詩嫣選手と対角に入る荒木彩花選手は

「目の前にいるお手本の先輩が平山さん。自分にとっても一緒にプレーさせてもらう事は、大きく成長できるチャンスでもありました。平山さんから、私の対角はあやかしかいないと思ったし、あやかがいてくれたおかげで勝てたんだよと言ってもらえたのが嬉しかったです」

と話しています。

平山詩嫣選手は荒木彩花選手が憧れている事を知っているようで「そうなんです。私の事、めっちゃ好きみたいです。いい感じの関係。後輩だけど仲間でもあるし、そういう存在」と語っています。

中学時代に出会い、憧れの人を追い高校に入学し、同じポジションでキャプテンマークをつけた仲間同士の荒木彩花選手と平山詩嫣選手は、今後、久光製薬スプリングスのチームメイトになります。憧れの先輩と同じコートに立てる日はもうすぐですね。

荒木彩花(バレー)のプロフィール

名 前 荒木彩花(あらきあやか)
生年月日 2001年9月2日
出身地 福岡県大野木市
学 歴 大野木市大利中学校 東九州龍谷高校
身長・体重 184cm・78kg
所 属 東九州龍谷高校バレー部 2020年春久光製薬スプリングス内定

2017年
全国総合体育大会(インターハイ宮城)優勝、国民体育大会愛媛準優勝 U-18 日本代表に選抜される。

2018年
春の高校バレー準優勝、国民体育大会福井3位、U-19アジアジュニア選手権(ベトナム)優勝

2019年
春の高校バレー準優勝、インターハイベスト8、国民体育大会茨城準優勝、U-20女子ジュニア世界選手権(メキシコ)優勝

2020年
春の高校バレー優勝 優秀選手賞受賞

荒木彩花(バレー)進路決定した?大学出身中学と身長体重を調査まとめ

荒木彩花選手は、高校卒業後は大学に進学せず、バレーボール女子・V1リーグの久光製薬スプリングスに所属する事が内定しています。

荒木彩花選手の出身中学は大野城市立大利中学校で、中学時代から活躍していた選手でした。荒木彩花選手の現在の身長は184cmで、体重は78kgです。久光製薬スプリングスが発表しているように、荒木彩花選手は今月末からチームに加入します。

今後の活躍がとても楽しみな選手です。

すぽぶろ!