日常生活

レッドブルの効果と時間はどれくらい?効果的な飲み方を紹介

コンビニエンスストアやスーパーなどで気軽に購入できるエナジードリンク。その中でもレッドブルは世界171カ国で販売されている人気商品です。

しかし、レッドブルを含めたエナジードリンクは適切に飲まなければ効果はありません。今回は、レッドブルの効果や時間、効果的な飲み方について紹介していきます。

レッドブルの効果時間はどれくらい?

 

この投稿をInstagramで見る

 

PETZ(@petz627)がシェアした投稿

レッドブルにはどのような効果があるのでしょう。効果時間についても紹介します。

眠気に効果あり!

レッドブルの効果の1つが、眠気です。レッドブルは100gあたり30mg、250mlの缶を1本飲めば80mgのカフェインを摂取できます。カフェインは脳神経を刺激させる効果がありますので、眠気を防ぐことが可能です。

そのため、運転中に眠気が来た時や勉強や仕事で眠気を覚ましたい時、レットブルを飲めば眠気を覚ますことができます。レッドブルの効果は、30分後からききはじめ、個人差はありますが、4時間程度持続、5~8時間で完全に消失しますので、摂取するタイミングを考えながら摂取しましょう。

代謝UP

レッドブルは、効き始める時間が30分と即効性があるエナジードリンクです。燃焼が早い糖質と遅い糖質がよい配合で組み合わさっているため、エネルギーを素早く取り入れることができ、代謝アップにも繋がります

スポーツ選手なども取り入れている理由はこのためです。

集中力UP

レッドブルには、100mlあたり11gの砂糖類(砂糖、ぶどう糖)が含まれています。糖分は脳を活性化させ、集中力を高める働きもありますので、眠気と一緒に集中力もアップしてくれます。

スポーツの前や勉強に集中したい時におすすめです。

疲労回復

レッドブルは疲労回復をする訳ではありませんが、疲労回復に近い効果を得られます。疲労回復に近い効果が得られる理由は、レッドブルに含まれるビタミンBやアルギニンによって体の細胞が活性化するためです。

体の細胞が活性化することで、疲れが弱まったと感じさせる効果があります。

免疫機能UP

レッドブルはアルギニンと呼ばれる成長ホルモンの分泌を高めるアミノ酸が含まれています。アルギニンは加齢と共に分泌が減少し、40歳過ぎると半分程度しかアルギニンを摂取できません。

レッドブルを飲み、アルギニンを摂取することで、細菌やウイルスに対する抵抗力を高め、免疫力をアップさせてくれます。適切に摂取すれば風邪予防にも繋がります。

カフェインだけではないビタミンB群の存在

レッドブルなどのエナジードリンクは眠気に効果があるカフェインだけが含まれている訳ではありません。代謝をアップし、エネルギーを作るのに必要なビタミンB群が含まれているのです。

そのため、運動の前に飲むと脂肪燃焼にも効果があります。

レッドブルの効果的な飲み方は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tsukasa***(@tougyujima)がシェアした投稿

レッドブルの効果を最大限に発揮する飲み方はどのような飲み方なのでしょう。紹介していきます。

食後

レッドブルは食後30分以内に摂取すると効果が高いと言われています。食後30分に摂取するとよい理由は、胃液が分泌されているので栄養が吸収しやすいからです。

食後に飲みますと胃痛も感じにくいですのでおすすめです。

重要なことがある30分前

重要なことがある30分前に飲むのも効果があります。レッドブルは30分後に効果が現れます。運転をしなければならない時や、30分後に試験や集中力が必要なことがある際は、30分前に摂取するようにしましょう。

運動前

運動前に摂取すると代謝アップや集中力アップにも繋がります。エネルギーを吸収し、脂肪を燃焼する効果もありますので、運動をする30分前に摂取するようにしましょう。

飲むときの注意点

レッドブルはカフェインを多く含んでいるため、摂取しすぎると胃痛や吐き気、夜に摂取すると眠れなくなることがあります

レッドブルを飲む際は1日に1~2本摂取(妊娠中は医師に相談のもと、小児の摂取は禁止)するようにし、寝る前に摂取するのは控えましょう

レッドブルは常用すると効果ないように感じる?

レッドブルは常用すると効果がないように感じると言われていますが本当なのでしょうか。レッドブルは常用すると、個人差にもよりますが、カフェインが効きづらくなる人がいるようです。

カフェインが効きづらいと眠気が取れにくくなってしまいます。カフェインが身体に慣れてしまう影響もあるのかもしれませんが、常用しない方が効果が得られるでしょう。

レッドブルの成分は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kanabones(@bogenshach_kanabones)がシェアした投稿

レッドブルにはどのような成分があるのでしょう。レッドブルの最もメジャーな青の成分表を紹介していきます。

【栄養成分表(100mlあたり)】

エネルギー 46kcal
炭水化物 10.7g
カフェイン 32mg
ナトリウム 80mg
アルギニン 120mg
ナイアシン 3mg
パトテン酸 2mg
ビタミンB6 2mg
ビタミンB2 0.09mg
ビタミンB12 2μg

レッドブルのカフェイン量は32mgです。カフェインが多く含まれているインスタントコーヒーは100mgあたり53~60mgですので、コーヒーに比べるとカフェイン量が少なくなっています。

また、レッドブルはアルギニンという栄養素を最も多く含んでいますので、免疫力アップなどの効果も期待できます

レッドブルに副作用はある?

 

この投稿をInstagramで見る

 

taka(@ene_rgy.m3011)がシェアした投稿

レッドブルに副作用はあるのでしょうか。レッドブルを1本飲んだだけでは、副作用は現れません。

しかし、短時間に過剰摂取したり、1日に多く飲みすぎると頭痛や吐き気などが起こる場合があります。特に1時間に6本飲むと急性カフェイン中毒になり、死の危険もあります

レッドブルの1日あたりの摂取量は。最大でも2~3本にしましょう。また、常飲すると個人差にもよりますが、頭痛が生じやすくなりますので、必要な時だけ摂取するようにしましょう

レッドブルのカフェイン量は多い方?

カフェインが含まれてる飲み物は数多くありますが、レッドブルは他と比較してカフェインの量は多いのでしょうか?

レッドブル カフェイン 量
レッドブルカフェイン量を比較すると多い?飲み過ぎ注意!レッドブルは飲みやすく元気が出る飲み物と言われていますが、カフェインを多く含まれているため、危険性が言われることもあります。 今回は、レッドブルを安全に飲むために、レッドブルのカフェイン量や危険性について紹介していきます。 ...

まとめ

レッドブルの効果や効果的な飲み方は以下のことが分かりました。

  • レッドブルは、代謝アップ、疲労回復、眠気、免疫力・集中力アップの効果がある
  • 効果は30分後から4時間、6~8時間で完全に効果が消失する
  • 食後や集中したい30分前に飲むと効果がある
  • 飲用は、1日1~2本、寝る前や多く摂取しすぎると不眠や胃痛、吐き気などが発生する場合もある
  • 妊婦や小児は摂取を控える
  • レッドブルにはカフェインだけでなく、アルギニン、ビタミンBの栄養が含まれている
  • 常用すると個人差はあるが、カフェインに慣れてしまうケースもある

レッドブルは、必要時に適切な量を飲用すれば、さまざまな効果が得られる飲み物です。糖分が気になる人向けにもカロリーオフが販売されているなど種類も豊富です。効果と正しい飲み方を理解した上でレッドブルを飲用しましょう。