日常生活

zoneエナジードリンクの効果と効果時間は?カフェイン量を比較!

zone エナジードリンク 効果 カフェイン

エナジードリンクファンの中でも注目の集まるzoneエナジードリンクの効果やカフェイン量を調べました。他エナジードリンクシリーズとの比較もしてきます!

zoneエナジードリンクの効果は何?

「没入モード、起動」がキャッチコピーのzone エナジードリンクはその名の通り、集中して音楽やゲームに取り組むeカルチャーの人々が「Zone (ゾーン)」、つまり没入集中モードに入ることをサポートすることをコンセプトとしています。

「集中力維持」や「眠気覚まし」「疲労回復」を助ける栄養素が多く含まれているのがzone エナジードリンクの特徴です。

カフェイン

エナジードリンクに不可欠な成分といえばカフェインですよね。カフェインはご存知の通り、眠気覚ましをしてくれる覚醒作用が効果として有名です。他にも記憶力の向上や疲労の抑制をする働きがあります。

アルギニン

脳を長時間使い続けるeカルチャーの方にとって特に必要な栄養素がこのアルギニンです。集中状態が続き脳をフル稼働させるときアンモニアが大量発生し、このアンモニアは蓄積されることで脳疲労を起こします。体にとって毒であるアンモニアは通常無毒化され尿素となり体外へ排出されるのですが、脳を酷使し大量のアンモニアが発生すると脳が対応できなくなることで「疲れているな」と感じたり、集中が続かなくなるのはこのためです。

このアンモニアを無毒化し体外へ排出するサイクルを助けるのがアミノ酸の一種であるアルギニンです!

ぶどう糖

摂取された糖質は体内で分解され最終的にこのぶどう糖となり脳や筋肉の栄養素として吸収されます。つまり砂糖などの糖質を摂取するよりもぶどう糖そのものを摂取することでより早く脳へ栄養素が届き、脳疲労の抑制や集中力の維持、向上をさせる効果が感じることができます。

パラチノース

パラチノースも糖類に分類されますがぶどう糖と果糖から形成され、天然の二糖類といわれています。糖質は消化吸収されることでエネルギーへと変わります。パラチノースの優れたところは砂糖の主成分であるスクロース(ショ糖)の1/5の速度で消化吸収されるため、ゆっくりエネルギーに変えていくことができるのです。結果、脳の機能を長時間持続させパフォーマンスをキープすることができます。

パソコンやテレビに長時間向かうeカルチャーの方たちには必要な栄養素ですね!

ビタミンB2/B6

先ほど紹介したぶどう糖はビタミンB群と同時に摂取することで効果を発揮します。zone エナジードリンクに含まれるビタミンB群はB2とB6です。

ビタミンB2はリボフラビンという化合物からできていて、黄色の色素を持っており着色料として食品添加物に使用されることがあります。ビタミンB2は糖質の代謝を助ける働きをするため、ぶどう糖やパラチノースといった糖質を含むzone エナジードリンクには不可欠な要素です。

ビタミンB6はアミノ酸の代謝を助けます。zone エナジードリンクに含まれる栄養素ではぶどう糖がアミノ酸の一種でしたよね。このビタミンB6が正常に力を発揮するにはビタミンB2が必要です。

これらのビタミンB群が不足すると免疫機能が低下し疲労を感じやすくなります。

効果時間はどれくらい?

zone エナジードリンクの効果時間は覚醒作用を持つカフェインの効果時間から見て、個人差はありますが2〜4時間でしょう。

カフェインは摂取後小腸で吸収され血液を通して体内に渡り、脳に到達して覚醒作用の効果を実感するまでに約30分かかるとされています。

zone エナジードリンクは効果を得たい30分前に注入しましょう!

zoneエナジードリンクのカフェイン量を比較!

エナジードリンクにとって欠かせないカフェイン量は、zone エナジードリンクと有名他社のエナジードリンクやカフェインを多く含むとされるコーヒーなど、他商品とどれほど違いがあるのでしょうか。比較していきましょう!

  • zone エナジードリンクのカフェイン量(100mlあたり)
    カフェイン 20mg

100mlあたり20mgと予想よりも少なく感じました。しかしzone エナジードリンクの特徴は500ml缶とかなりの大容量でしたよね!おそらくカフェインの一度の摂取量を抑えるため、100mlあたりのカフェイン含有量を減らしているのでしょう。

レッドブル

エナジードリンクといえばレッドブル!と言われるほど不動の人気を誇るのがレッドブルです。私も長年愛用してきましたがカフェイン量調べていく上で驚きの事実がありました!

  • レッドブルのカフェイン量(100mlあたり)
    185ml缶 43.2mg
    250ml缶 30mg
    330ml缶 30mg
    355ml缶 30mg

なんと最も小さい185ml缶が一番100mlあたりのカフェイン含有量が多かったのです!「飲み物は正直そこまで必要ない、でもさくっとカフェイン注入して集中したい!」と効果を得たい方は185mlをぐびっといくのがいいかもしれませんね。

モンスターエナジー

エナジードリンクとして着実に知名度をあげ知らない人はいないのではないでしょうか?大容量500mlがzone エナジー ドリンクのひとつの魅力ですが、私が最初にモンスターエナジー(355ml)を手にしたときめちゃくちゃ多いな!と思っていました(笑)

  • モンスターエナジーのカフェイン量(100mlあたり)
    カフェイン 40mg

KIRIN FIRE

缶コーヒーからはこちらKIRIN FIREです!自販機でみないことがないくらいよく目にする缶コーヒーですよね。

  • KIRIN FIREのカフェイン量(100mlあたり)
    カフェイン 70mg

缶自体185mlと小さいですが、レッドブルの同容量と比べるとかなり多くのカフェインが入ってますね!これは意外でした!

リポビタンD

リポビタンDも疲れたときに飲みたい一本です。飲むだけで栄養補給できた気持ちになってしまいますよね(笑)

  • リポビタンDのカフェイン量(100mlあたり)
    カフェイン 50mg

そこまで多く含まれていませんでしたが、エナジードリンクには含まれていない疲労回復に効果的な栄養素・タウリンが多く入っているのがリポビタンDなどの栄養ドリンクの特徴です。

1日の摂取量の限界値

機関によって発表されているカフェインの限界摂取量は多少違いがありますが、おおよそ1日の摂取量の限界値は400mgとされています。zone エナジードリンクでいうと4本分!コーヒーなら3〜4杯です。通常に摂取していれば超えない限界値と言えるでしょう。

カフェインを過剰摂取してしまった場合以下の症状がでるとされています。

中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気等の健康被害をもたらす

情報元:厚生労働省

実際にエナジードリンクの過剰摂取、つまりカフェインの過剰摂取による死亡事故も報告があるのが事実です。適正量を摂取することで効果を十分に得ることができるので、くれぐれも用法・用量を守りましょうね。

zoneエナジードリンクの成分は何が入ってる?

砂糖、ぶどう糖、パラチノース、酸味料、炭酸、香料、アルギニン、保存料(安息香酸Na)、塩化K、カフェイン、カラメル色素、ナイアシンアミド、甘味料(スクラロース)、ビタミンB2、ビタミンB6
アルギニン 1000mg
パラチノース 5.0g
ぶどう糖 10.0〜40.0g
カフェイン 100mg

zoneエナジードリンクの種類に違いはある?

zoneエナジードリンクも発売から時間が経過し、たくさんの種類が発売されました。種類によって何がちがうのでしょうか?

こちらでまとめてるのでチェックしてみてください!

zoneエナジードリンク 種類 味の違い
zoneエナジードリンク5種類の違うところは何?味の違いも紹介!続々と新商品が登場していて確実にファンを増やしつつあるzoneエナジードリンク!今回は5種類の味の違いや成分がそれぞれどのように違うのかご紹介していきます。...

まとめ

eカルチャーを愛する人々をさらにその世界へ没入できるようにサポートするのがこのzone エナジードリンクです。効果を得るために大切な栄養素や成分が入っていることがよくわかりましたね!しかしながらzone エナジードリンクの摂りすぎは注意ですよ!