日常生活

zoneエナジードリンク5種類の違うところは何?味の違いも紹介!

zoneエナジードリンク 種類 味の違い

続々と新商品が登場していて確実にファンを増やしつつあるzoneエナジードリンク!今回は5種類の味の違いや成分がそれぞれどのように違うのかご紹介していきます。

zoneエナジードリンクの種類と味の違いは?

5種類のzone エナジードリンクの違いはドリンクの味はもちろん、香りや成分量の違いもありました。

その日の気分や好み、また王道のエナジードリンク味だけではないので「エナジードリンクの特有のケミカルな香りと味が苦手」という方でも、ジュース感覚でzone エナジードリンクの効果を得ながら楽しめる種類もたくさんあります。

以下5種類の特徴や味の違い、気になる成分についてご紹介していきますので、是非お気に入りの一本を見付けてください!

またzone エナジードリンクについて調べてて特に多かったコメントはその高いデザイン性です。eカルチャーを応援するドリンクであるだけにスタイリッシュでクールなパッケージはまさにeカルチャーの人々を虜にしています。商品棚に並んでいると一際目を引くのがzone エナジードリンク、自然と手を伸ばしたくなります。

zone

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mr.ヨネハン(@yo09ne09)がシェアした投稿

こちらがzone エナジードリンクのオリジナルです。まさに王道のエナジードリンクで「エナジードリンクのケミカルな味や香りが好き!」という方にはこちらがおすすめです。

他のエナジードリンクに比べるとカフェイン量がやや少なめですが、e-sportsカルチャー向けにつくられたzone エナジードリンクは500mlの大容量でゆっくりエナジー注入できるのが魅力です。

正直私は500mlのエナジードリンクに最初抵抗がありました。なぜならカフェインを摂取してしまいすぎるのでは?と思っていたからです。もちろんzone エナジードリンクにそんな心配はありませんでした!過剰摂取とならないよう100mlあたりのフェイン含有量が調整されていたのですね。

ネットで口コミをみていると「モンスターエナジーから浮気しちゃった!」というコメントもちらほら。
成分的には大きな違いなくカフェインが取れて効果を感じられるzone エナジードリンクはかなりコストパフォーマンスがいいと評判です。エナジードリンクはジュースなどに比べ値段的に高い印象があるのでコストパフォーマンスがいいというのは間違いなく人気の理由です!

成分

砂糖、ぶどう糖、パラチノース、酸味料、炭酸、香料、アルギニン、保存料(安息香酸Na)、塩化K、カフェイン、カラメル色素、ナイアシンアミド、甘味料(スクラロース)、ビタミンB2、ビタミンB6

アルギニン 1000mg
パラチノース 5.0g
ぶどう糖 10.0〜40.0g
カフェイン 100mg

Ver.1.0.0→Ver.1.3.9の変化点

Ver.1.0.0からVer.1.3.9へアップデートされたzone エナジードリンクですが味の違いがあるのか?と思いましたが、旧版とVer.1.3.9の味の違いはほとんど感じられませんでした。

では味の違いがないとなれば何が変わったのでしょうか?

大きくはカフェインが+25mg、アルギニン+250mgとエナジードリンクの重要成分が増加していました。

エナジードリンクといえばカフェインが重要視されますが、私が個人的にzone エナジードリンクで注目してほしい成分はこのアルギニンという成分です。

アルギニンとはアミノ酸の一種で、脳を疲労させる成分であるアンモニアを体外へ排出させるためのサイクルを活性化させる働きをもっています。つまり脳疲労の回復を早めてくれる成分なんですね。

zone エナジードリンクはゲームやアニメ、音楽をするeカルチャーの人々をターゲットとしており、脳を酷使する彼らにとってまさに救世主というわけです!

 

zone FIRE WALL

 

この投稿をInstagramで見る

 

PONTA(@energy.ponta)がシェアした投稿

情熱的な赤のデザインにドリンクカラーは爽やかなグリーンのギャップ。味はメロンソーダやクリームソーダの味ですが後味はミントのような爽快感もあります。まず私が驚いたのはエナジードリンクとしてメロンソーダを飲めるということ!意外とメロンソーダやクリームソーダ好きは多いと思うんですよ。でもあまりメロンソーダやクリームソーダでお店で見当たらないこともあって、zoneエナジードリンクにメロンソーダ味があると聞いてとっても嬉しかったんですよね!(笑)

やや甘すぎるという意見もありましたがジュース感覚で飲めてエナジーチャージできるとあれば納得できる味わいです。

成分

砂糖、ぶどう糖、果糖ぶどう糖液糖、パラチノース、炭酸、酸味料、香料、アルギニン、着色料(ベニバナ黄、クチナシ)、保存料(安息香酸Na)、カフェイン、ナイアシンアミド、塩化K、ビタミンB6、甘味料(スクラロース)

アルギニン 500mg
パラチノース 5.0g
ぶどう糖 10.0〜40.0g
カフェイン 75mg

zone DEEP DIVE

 

この投稿をInstagramで見る

 

TKS(@empireo25)がシェアした投稿

青春を思い出させるような爽やかなブルーを纏ったzone DEEP DIVEは注いでみるとドリンクカラーは真っ白!味はカルピスやホワイトサワーのような乳酸菌飲料の味です。

成分表にもある通り、DEEP DIVEには他のzone エナジードリンクの種類にはないはっ酵乳、つまり乳成分が含まれています。

カフェインは乳製品と一緒に摂取することでカフェインの吸収スピードを穏やかにさせることができるんです!吸収がゆっくりになることでカフェインの効果時間が持続させることができるので、長時間ゲームや音楽に集中したいeカルチャー界の助っ人と呼んでもいいですね。長時間集中状態をキープしたい方はzone DEEP DIVEを選ぶといいかもしれません。

成分

砂糖、ぶどう糖、はっ酵乳、果糖ぶどう糖液糖、パラチノース、炭酸、酸味料、香料、アルギニン、安定剤(大豆多糖類)、カフェイン、ナイアシンアミド、ビタミンB6、甘味料(スクラロース)

アルギニン 500mg
パラチノース 5.0g
ぶどう糖 10.0〜40.0g
カフェイン 75mg

zone Unlimited ZERO

 

この投稿をInstagramで見る

 

真城 葵(@mashiro_aoi)がシェアした投稿

zone Unlimited ZEROはzone エナジードリンクシリーズ初のゼロカロリー商品です。ドリンクカラーや香りはレギュラーzoneエナジードリンクとほぼ変わりはありません。

味の違いは大きくは感じられませんがゼロカロリー特有の軽い後味が人気です。中にはレギュラーバージョンよりもさっぱりしていて甘すぎずzone Unlimited ZEROの方が好きだという方もいました。

成分

酸味料、炭酸、アルギニン、香料、甘味料、(アセスルファムK、スクラロース)、保存料(安息香酸Na)、カフェイン、塩化K、カラメル色素、ナイアシンアミド、ビタミンB2、ビタミンB6

アルギニン 1000mg
カフェイン 100mg

zone Utopia

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuu_0108_(@yuu_48fam_)がシェアした投稿

zone シリーズからついに果汁入りエナジードリンクも登場しています!トロピカルなパッケージにドリンクカラーまでかわいいピンク色!

果汁が17%も含まれていてもはやエナジードリンクを飲んでいる感覚はないです(笑)それでいてエナジードリンクの効果を感じられるのはうれしいですよね〜。

かっこいいクールなデザインがほとんどのエナジードリンクの中で一際目立つキュートなzone Utopiaは女子ファンが多いようでパケ買いしてしまった女子を見かけました。パッケージが可愛いと気分もあがってさらになんでも頑張れてしまうかも?!

成分

果実(りんご、もも、オレンジ)、砂糖、パラチノース、酸味料、炭酸、香料、アルギニン、カロチノイド色素、カフェイン、ナイアシンアミド、甘味料、(スクラロース)、ビタミンB6

アルギニン 500mg
パラチノース 5.0g
カフェイン 75mg

zoneエナジードリンクの効果と効果時間はどれくらい?

zoneエナジードリンクの種類の違いについてご紹介したあとは、効果と効果時間についてです!

下記でまとめてるのでチェックしてください!

zone エナジードリンク 効果 カフェイン
zoneエナジードリンクの効果と効果時間は?カフェイン量を比較!エナジードリンクファンの中でも注目の集まるzoneエナジードリンクの効果やカフェイン量を調べました。他エナジードリンクシリーズとの比較もしてきます!...

まとめ

5種類のzone エナジードリンクには味の違いはもちろん含まれている成分にも違いがありました。
またeカルチャーに特化しているだけありデザイン性の高いパッケージもファンを魅了している理由の一つです。お好みの1本は見つかりましたでしょうか?