スポーツ

坂本勇人(巨人)高校時代やんちゃだった?高校時代彼女と高校通算本塁打調査

坂本勇人 高校時代 やんちゃ

坂本勇人選手といえば、日本を代表するプロ野球選手の1人です。その甘いルックスから女性の人気も高く、今となっては知らない人はいないと言われるくらいの有名人ですが、無名の学生時代はどの様な選手だったのでしょうか?

今回はそんな坂本勇人選手の学生時代の成績や人柄についてご紹介していきます。

坂本勇人(巨人)の高校時代はどんな選手だった?イケメン選手のやんちゃな日常

坂本勇人選手といえば読売ジャイアンツに所属しており、高校時代は青森県の「八戸学院光星」に在学していました。その高校時代がやんちゃな生活を送っていたと話題になっています。

当時の坂本勇人選手は無名でしたが、ある試合でジャイアンツ のスカウトの目に留まりドラフト指名されます。今では磨きあげられた打撃センスが当時から持っていた様ですね。

その反面、高校時代の坂本勇人選手の学生生活はピアスをして監督に「野球を辞めたい」と直訴したそうです。そのまま実家に帰省してしまいますが、両親に説得され野球を続けることになります。一部の噂によると、監督から両親に諭すよう言われたとのことです。

野球部の監督さんは当時から坂本勇人選手のセンスを感じ取っていたのかもしれませんね。

モテモテの坂本勇人(巨人)は高校時代から?学生時代の彼女は何人?

坂本勇人選手といえばイケメンのプロ野球選手で女性との噂が週刊誌に報道されるなど彼女の情報が報じられてきました。そんな彼女の噂が多く存在する坂本勇人選手の学生時代に彼女は何人くらいいたのでしょうか? 次にそんな坂本勇人選手の一面を紹介していきたいと思います。

まず結論から申し上げますと高校時代の彼女の情報はありませんでした。
しかしながら、気になる女性の1人や2人はいたのではないかと想像してしまいますよね。

私個人的には、誕生日にプレゼントをもらったりバレンタインやホワイトデーを満喫していたのではないかと想像してしまいます。はたまた相手から出会いの記念なるものを作られて勝手にプレゼントされるというような、まさにドラマのような出会いも経験しているのではないかと思ってしまいますね。

高校時代からイケメンで通ってますから、坂本勇人選手に彼女と呼べる存在の人がいてもおかしくはないと思います。

今回は噂やこうであって欲しいという願望のようなものがメインになってしましましたが、今後未来に待っているであろう彼女の存在や結婚相手が見つかる事に期待しましょう!




強打の名遊撃手といえば坂本勇人(巨人)!今につながる高校通算本塁打の数は?

坂本勇人選手の高校通算本塁打数は合計で39本です。豪打と呼ばれるホームランバッターは60本以上が多いので、坂本勇人選手が特別に高校通算本塁打数が多いというわけではないようです。

しかしながら、バットコントロールや打撃センスは当時から健在で、今年2019年はチームの生え抜き右打者としては初の40本塁打を記録しています。これはミスタージャイアンツ 「長嶋茂雄」さんの記録を超える輝かしい数字です。

ちなみに愛称でゴジラと呼ばれる「松井秀喜」さんは60本で、現在のセンター「丸佳浩」選手は49本です。同じ39本塁打の高校通算本塁打を記録しているのは、同僚の「陽岱鋼」選手で、今シーズンをもって引退した「阿部慎之助」現二軍監督は38本でした。

「阿部慎之助」は打撃の天才と称されるほどのパワーヒッターにまで成長しましたが、坂本勇人選手は柔(じゅう)を持ち合わせた強打の打者と称されることが多いですね。

坂本勇人選手には今までも数少ない「柔の強打者」としてホームラン王のタイトルを獲得してもらいたいと思います。坂本勇人選手の今後の成績に注目していきましょう!

坂本勇人のターニングポイントは高校時代?やんちゃな学生時代に得たもの

坂本勇人選手の高校時代はやんちゃだったとお話ししてきましたが、当時無名の坂本勇人選手のターニングポイントとなった場面はどの辺りだったのでしょうか。今回は坂本勇人選手の分岐点についてお伝えしていきたいと思います。

「八戸学院光星」といえば多数のプロ野球選手を輩出している野球の名門校の1つです。その学生時代に坂本勇人選手は高校時代に地元へ帰省し、野球を辞めることを考えていたようです。その時に周りのフォロー、監督の勧め、両親の助けがなければ今のプロ野球生活は存在していなかったでしょう。

そして当時のジャイアンツのスカウトが試合に訪れていなかったら、その試合で持ち味を出せていなかったら、例え球団が調査をしていたとしても今の地位はなかったのかもしれません。

たくさんの人の支えがあってプロ野球選手になった坂本勇人選手の高校時代はやんちゃだったのかもしれませんが、その時支えてくれた周りの方たちへの恩返しの意味も込めて今後も活躍し続けて欲しいですね。

坂本勇人(巨人)の代名詞は何?高校通算本塁打から見る打撃センス

坂本勇人選手といえば、今となっては巨人に必要不可欠の選手ですね。その坂本勇人選手の代名詞といえば、群を抜けた勝負強さと選球眼です。

勝負強さに必要なのは「駆け引き」つまり、相手を読む力です。これはキャッチャーに必要な要素の1つでもありますが、遊撃手の坂本勇人選手が身につけていることは大きいです。試合になると、駆け引きができる選手がキャッチャーと遊撃手の2人もいるのですから、試合の展開を覆すこともし易くなっていきます。

現役選手で捕手以外のポジションでこの力があるのは、中日の大島選手やソフトバンクの松田選手など限られた選手だけです。

そしてもう1つの能力と言える「選球眼」これは、打撃の成績に大きく影響してきます。
フォアボール(四球)を選ぶということはヒット1本に匹敵する成績です。打率は上がらずとも、試合ではランナーとして帰ってくる(点を取る)ことに繋がります。

また、この見極めができる選手には投手がストライクにボールを投げる傾向が多くなります。それに伴って打撃も上がります。これは高校通算本塁打の39本に大きく影響しています。

パワーヒッターではない坂本勇人選手がここまでの数字をあげられるのはこの選球眼の力が大きいと言えるでしょう。こちらも現役選手で持ち合わせているのは、同チームの丸選手や日本ハムの近藤選手など一部の選手に限られます。

この限られた能力を2つも持ちああせているのは大きな力と言えます。1人で2人分に匹敵する力を発揮しているのです。この能力を生かして今後の活躍にも期待していきましょう!

今も昔も大人気!坂本勇人(巨人)は高校時代に彼女がいない日はなかった?

坂本勇人選手といえば、野球少年に限らず女性のファンも多いと言われています。高校時代もモテモテであったことを匂わせていますね。

彼女の情報は掲載されていませんでしたが、実際のところはどうだったのでしょうか。
高校時代といえば思春期の時期でもあり、異性との交友関係があっても不思議ではありません。現在でもプロ野球選手としても女性ファンが多く、モデルやアイドルなどとの噂が絶えなく報道されています。

そのことを踏まえると、高校時代の坂本勇人選手には彼女のいない日はなかった、もしくはいない日の方が短かったのではないでしょうか。野球での活躍ももちろんですが、今後の噂にも注意してみていきましょう!

坂本勇人(巨人)のプロフィール

坂本勇人選手のプロフィール情報をお伝えしていきたいと思います。

氏 名 坂本勇人
所 属 読売ジャイアンツ
背番号
投球・打席 右投げ・右打ち
生年月日 1988年12月14
身 長 186cm
体 重 83kg

通算成績 1670試合出場

打 率 .293
出塁率 .359
安打数 1884本
本塁打 223本
打 点 800点
三振数 1075

30歳代前半でこの成績は本当に素晴らしいと思います。向こう10年であとどのくらいの成績が残せるのか楽しみですね! 来シーズン以降の活躍に期待しましょう!

まとめ

今回は坂本勇人選手についてお話ししてきました。学生時代のターニングポイントからいろいろな人の助けがあってここまで素晴らしい選手になったことがわかりましたね。年齢的にはまだまだ活躍に期待できますので今後の試合にも注目していきましょう。

そしてプライベートでも今後の彼女と結婚をして、素晴らしい家庭を築いて行くのではないでしょうか。将来的には、坂本勇人2世がスタートして活躍する日がくるかもしれません。

今後の坂本勇人選手に注目していきましょう!

すぽぶろ!